주요 기사 바로가기

賭博捜査、1カ月間進展なし…身動き取れないサムスン球団(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.11.13 15:54
0
問題はその次だ。捜査が進まない中、警察は5日、「両選手の口座および通信内訳を追跡している。両選手が不正な両替で賭博資金を調達した可能性も調査中」と述べた。これとともに尹盛桓は違法賭博で13億ウォン(約1億4000万円)も勝って脅迫を受けたという話も出てきた。選手はすでに法律違反者扱いを受けた。

最近、証券街の情報誌を通じて「サムスン球団が3選手を任意脱退(事実上引退)させる内部方針を固めた」という噂が広まった。これに対しサムスン・ライオンズは「起訴されていない選手を韓国シリーズから除外したことだけでも球団は最高の懲戒をした。無罪推定の原則を無視した」とし「現状況で任意脱退を持ち出すのは話にならない。選手の人権も考えてほしい」と反論した。情報誌には他球団の選手も違法賭博をしたという内容が事実のように書かれている。サムスンの選手3人はプロ野球の地位を落とした張本人になった。3選手はプレミア12のメンバーからも抜け、韓国代表チームの戦力構成に大きな支障をきたした。

サムスンの選手に対する捜査は長期化する兆しを見せている。「賭博波紋」第2ラウンドは開始も終わりも明確でない。選手は世論の裁判ばかり受け、球団は運営に困難が生じている。檀国大スポーツ経営学科のチョン・ヨンベ教授は「賭博波紋で選手はすでに罪人になった。プロ野球全体が大きな打撃を受けた。それでも捜査が遅れるのは納得しがたい」とし「罪がないのならきちんと釈明の機会を与え、罪があるなら罰を受けるようにすればよい」と述べた。
賭博捜査、1カ月間進展なし…身動き取れなꊂサムスン球団(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP