주요 기사 바로가기

<プレミア12>ハイファーストボールにやられた韓国代表(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.11.10 10:07
0
ハイファーストボール(high fastball)。ストライクゾーンの上を通過する高い球を意味する言葉で、メジャーリーグではハイピッチ(high pitch)ともいう。打者の目によく見え、長打を浴びやすい球だ。しかし韓国野球代表は日本投手が投げるハイファーストボールに完ぺきにやられた。

韓国は8日に札幌ドームで行われた国家対抗戦「プレミア12」の開幕戦で、“怪物投手”大谷翔平(21、日本ハム)に抑え込まれた。6イニングでわずか2安打、さらに10三振を喫し、1点も取れなかった。救援の則本昂大(25、楽天)、松井裕樹(20、楽天)からも得点できず、0-5で完敗した。大谷(最高球速161キロ)と則本(最高157キロ)の直球とフォークボールの組み合わせが印象的だった。

日本の投手がフォークボールをよく投げることは広く知られている。韓国の打者の意表をついたのはハイファーストボールだった。大谷が3回と5回に姜ミン鎬(カン・ミンホ)を連続三振に仕留めた決定球、5回にバントをする許敬民(ホ・ギョンミン)の内角を突いたボールがハイファーストボールだった。則本が7回に朴炳鎬、8回に金賢洙(キム・ヒョンス)から三振を奪ったボールも同じだ。

選手時代に読売に所属した鄭ミン哲(チョン・ミンチョル)MBCスポーツプラス解説委員は「序盤は大谷が韓国の打者を探る感じだった。韓国の打者が高いボールに対応できないことを知ると、途中からハイファーストボールを多用した」と説明した。また「大谷と則本のボールが速いうえ、回転力も非常に良かった。このようなボールが目の高さに入ってくるとバットが出るしかない。韓国の打者が慣れていない配球だった」と話した。

韓国プロ野球で高めの直球は打者のホットゾーン(hot zone)だ。スカイスポーツのイ・ヒョボン解説委員は「韓国の投手はハイファーストボールをあまり投げない。打者が打ちにこないボールカウントからセットアップピッチ(決定球を投げる前の誘い球)に時々使う程度」とし「逆に日本の投手は打者に不利なカウントで必ず手を出さなければいけないタイミングにハイファーストボールで空振りを誘う。150キロの速球は目には見えても打つのは難しい」と分析した。
<プレミア12>ハイファーストボールにやられた韓国代表(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP