주요 기사 바로가기

<大リーグ>一塁手FA市場、李大浩の前には1人だけ(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.11.12 16:53
0
「阪神の守護神」呉昇桓は「韓国のマリアーノ・リベラ」という評価とともに42位にランクされた。2013年に引退したリベラはメジャー通算セーブ1位の代表的な救援投手だ。呉昇桓は救援投手ではダレン・オデイ(27位)、ライアン・マドソン(34位)、ホアキム・ソリア(36位)に次いで4番目。メジャー経歴はないが、呉昇桓の価値を認めたのだ。

先月23日に帰国して静かに時間を過ごした呉昇桓は今週、エージェントとともに米国に向けて出国する。呉昇桓は2年前、最大9億円で阪神と契約し、2年連続でセリーグ救援1位になった。阪神は努力中だが、メジャーに対する呉昇桓の意志を変えるのは容易ではない。

国内舞台でプレーした孫児葉(ソン・アソプ)と金賢洙(キム・ヒョンス)も米国のエージェントを選任し、メジャー挑戦を準備中だ。FA資格を取得した金賢洙(キム・ヒョンス)は米国進出の意思を公式的に明らかにしていない。所属チームの斗山も金賢洙の残留に向けて努力している。金賢洙が斗山に残る場合、昨年の崔廷(チェ・ジョン、SK)のFA野手歴代最高額(4年・86億ウォン)を上回り、初の総額100億ウォン(約11億円)時代を開くと予想される。金賢洙は日本進出の可能性も開いている。シーズン中にもいくつかの日本球団が金賢洙の実力をチェックし、メジャーリーグのスカウトも資料を十分に収集したという。

9月に米国進出の意思を明らかにした孫児葉は16日、ポスティングを申請する予定だ。所属チームのロッテがポスティング金額を確認した後、決定を下してこそ、交渉を始めることができる。もし移籍料が球団の基準に達しない場合、交渉を始められない場合もある。今季のメジャーFA市場に実力ある外野手が多い点も悪材料だ。しかし孫児葉が「プレミア12」で印象的な活躍を見せれば、孫児葉の市場価値が上がる可能性もある。
<大リーグ>一塁手FA市場、李大浩の前には1人だけ(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP