주요 기사 바로가기

韓国の労働時間、OECDで2位…ドイツの1.6倍

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.11.03 13:46
0
韓国が経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で2番目に年間労働時間が長いことが分かった。

OECDが2日発表した「1人あたり平均年間実労働時間」統計によれば、2014年の韓国の賃金労働者と自営業者ら全体就業者(時間制含む)の1人平均の労働時間は2124時間で、34の加盟国中でメキシコ(2228時間)の次に長かった。

加盟国平均(1770時間)よりも年間で354時間、週あたり平均6.8時間長く仕事をしていることになる。韓国は2007年まではOECD加盟国の中で1人あたりの平均労働時間が最も長かったが、2008年にメキシコに最長労働時間国の席を譲り渡した。

平均労働時間が最も短い国はドイツで、年間1371時間だけ働くと集計された。韓国の人々がドイツの人よりも年間1.6倍働いていることになる。韓国の1人あたり年間労働時間は2013年よりも45時間延びた。

労働時間が1500時間未満の国はドイツをはじめオランダ(1425時間)・ノルウェー(1427時間)・デンマーク(1436時間)・フランス(1千473時間)など5カ国だった。日本(1729時間)・米国(1789時間)・イタリア(1734時間)などはOECD平均水準だった。

◆1人あたり年間平均労働時間の長い国順位

1.メキシコ2228時間

2.大韓民国2124時間

3.ギリシャ2042時間

4.チリ1990時間

5.ポーランド1923時間

6.ハンガリー1858時間

7.ポルトガル1857時間

8.イスラエル1853時間

9.アイルランド1821時間

10.米国1789時間

※資料:OECD

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国の労働時間、OECDで2位…ドイツの1.6倍

    2015.11.03 13:46
    뉴스 메뉴 보기
    イラスト=シム・スフィ
    TOP