주요 기사 바로가기

韓国経済、寒くて死にそうなのに… OECD 「最も躍動的国家」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.11.14 11:14
0
中国の追撃とサムスン電子・現代車に代表される韓国代表企業の収益性急落など2014年韓国経済の現実は「北風と冷たい雪に見舞われているような」水準だ。だが、韓国が科学技術の革新性の側面では「世界で最も躍動的な国家」という意外な評価が出てきた。

13日、未来創造科学部によると経済協力開発機構(OECD)は前日発表した「2014OECD科学技術産業展望(STI Outlook)で2012年基準の韓国の国内総生産(GDP)対比研究開発(R&D)投資率が4.36%でOECD1位だとし、次のように明らかにした。売上額対比R&D投資率を意味する企業のR&D集約も3.4%でOECD加盟国のうち最も高かった。OECDはその他にも▲高等教育に対するR&D投資▲発展した情報通信技術(ICT)インフラ▲公共研究機関を中心に活発な特許出願と民間以前の活動▲中小企業や創業支援のための直接・間接的ファンド制度--などでも肯定的な成果を出していると評価した。

短所も指摘した。海外共同研究と共同特許出願比率、外部R&D資金流入など国際交流の側面では脆弱だという評価だ。OECDはその原因として公共機関の実用研究および技術開発中心活動、大企業中心のR&D支出などについて言及した。企業と直接結びつく応用技術や開発の部分は悪くないが、波及力が大きい基礎・基礎固有技術に対する研究や支援が相対的に不足しているという話だ。OECDはまた、韓国がICT成長に力づけられてOECD国家のうち最も速く発展したが、▲低成長基調の持続と失業率拡大▲高齢化加速▲環境問題の台頭--などのような挑戦しなければならない課題に直面していると分析した。OECDは韓国が科学技術革新成果の質的水準を高めるためには科学技術が国際化されなければなければならないと提言した。

未来部のイ・サンフン多国間協力担当官は「OECDの評価が最近の韓国の現実とは乖離感があるが、R&D投資に対する効果は最短で5~6年後に現れるだろう」とし、「世界最高水準のR&D投資は未来の韓国経済の姿を見せる指標になるだろう」と話した。

OECDは2002~2012年の10年間、全世界のR&D投資は米国・日本・欧州連合(EU)等の比重が減少し、中国をはじめとする開発途上国の位置づけが強化されるなどグローバルR&D地形に変化が現れていると明らかにした。

特に中国の場合、今の傾向のままR&D投資を増やせば、2019年頃には世界最大のR&D投資国として浮上すると見通した。2012年基準で中国のGDP対比R&D投資率は約2%だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP