주요 기사 바로가기

<干からびる韓半島>(下)20年以上経つ古い上水道管が本当の問題(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.10.29 16:31
0
保寧ダムから8市郡に送られる給水量は一日平均16万1800立方メートル。このうち漏水によって4万450立方メートルの水が漏れ出している。漏水率を道内平均である15.7%まで低くしても一日に1万5050立方メートルの水を節約できる。忠清南道で20年以上経つ老朽化した浄水管路は2224キロ。交換費用だけで2048億ウォンが必要だ。費用は全て各市郡が負担しなければならない。パク・サンモク礼山郡予算チーム長は「管内の上水道管を全て整備するには280億ウォンかかるが、1年の予算4300億ウォンのうち使用可能予算が400億ウォンに過ぎず、毎年少しずつ整備するほかはないのが実情」と話した。

一方、近隣の瑞山市(ソサンシ)は2006年から上水道管理を韓国水資源公社に委託しながら漏水率を28.5%から13.9%まで下げた。これに対し礼山郡も2012年に委託運営を試みたが。公務員労組が「水道料金が引き上げられる恐れがある」と反対して失敗に終わった。だが瑞山市の水道料金は委託後も大して変わっていない。水資源公社の関係者は「新規投資を通じて漏水を減らせば生産単価を引き下げて人件費も節減できる」と話した。

環境部の統計によれば2013年だけで全国の上水管漏水によって6億5600立方メートルの水が失われた。八堂湖(パルタンホ)の貯水量2億5000万立方メートルの2.6倍ほどだ。漏水による経済的損失も毎年5200億ウォンに達する。公州(コンジュ)大学のチョン・サンマン教授(建設環境工学部)は「ソウルと忠清南道の市郡の漏水率の差は自治団体長が水管理にどれほど関心を持っているのかを示すものさし」として「中央政府にぶらさがる前に、ばらまき事業を減らして古い管の交換にもっと多くの予算を投じなければならない」と話した。

◆1立方メートル=横・縦・高さがそれぞれ1メートルである体積の単位。1立方メートルは1000リットル。摂氏4度の水1立方メートルの重さは1トン。このため立方メートルとトンが共に使われるが、水の量は体積の単位である立方メートルで表示するのが正確だ。
<干からびる韓半島>(下)20年以上経つ古い上水道管が本当の問題(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP