주요 기사 바로가기

ブレーキ緩んだ中国証券市場、3000ポイント割れの恐れも(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.08.25 09:19
0
“ブラックマンデー”だった。24日の中国証券市場は8%以上急落した。中国政府が株価を支えるための非常対策を発表した1日後に証券市場が暴落した。中国政府は23日に初めて年金基金の証券市場投入を決めた。養老基金など昨年末基準で3兆5600億元(約65兆9392億円)の年金基金が総資産の30%まで株式に投資できるよう認めた。最大1兆500億元の実弾を確保したわけだ。だが、パニックに襲われた投資家は24日、一斉に非常口に向かって走った。この日中国・上海指数の下落幅8.49%は2007年以降では最大だ。投資家が株式を投げ売りし心理的支持ラインとされた3500を割り込んだ。上場1500銘柄のうち1000銘柄余りがストップ安を記録した。

ブルームバーグは、「今年に入り稼いだ上昇幅をそっくり返却した。中国政府の浮揚策も投資家の不安な心理を鎮めることができなかった」と報道した。投資信託会社の投資戦略家チェン・ガン氏はブルームバーグとのインタビューで「実際に災難が広がり、だれも止められなかった。いま株式を持っていれば私たちのファンドも閉鎖しなければならない危険に直面した」と話した。

市場が揺れ動くのは中国経済に対する懸念のせいだ。中国の製造業景気を示す8月の製造業購買担当者景気指数(PMI)予備値が6年5カ月ぶりに最低値を記録したのをはじめ、産業生産、輸出、小売り販売など主要指標が中国経済の鈍化を見せている。IGマーケットのアナリストはCNBCとのインタビューで「証券市場は自由落下し銀行の流動性が尽きているところに(人民元切り下げによる)資本離脱が加速化する状況で経済鈍化速度も速くなるなど中国経済の決定的瞬間」と話した。
ブレーキ緩んだ中国証券市場、3000ポイント割れの恐れも(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP