주요 기사 바로가기

【時視各角】なぜ経営権が世襲されなければならないのか=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.08.05 10:52
0
この頃は人が集まればロッテファミリーの経営権紛争が話題になる。ところがこの話の終わりには「崔泰源(チェ・テウォン)SK会長は運もない」という言葉がついてくる。昨年末、当時の黄教安(ファン・ギョアン)法務部長官が「企業家の仮釈放論」のアドバルーンを上げ始めていたのに、突然、趙顕娥(チョ・ヒョンア)元大韓航空副社長の「ナッツリターン」事件が起きて反財閥感情がわき上がり、なかった話になった。そうするうちに最近、8・15特赦に企業家を含めようという一部の世論集めが始まり、大統領が「企業家の赦免はしない」という大統領選挙の公約をあきらめられるよう大義名分を積み上げている渦中に、ロッテファミリーの「兄弟・お金持ちの乱」が再び反財閥感情に火をつけているからだ。その上これを機に財閥改革論に広まる兆しまで見えれば、はやり言葉で「まいった」というところだ。

よくよく調べれば崔会長は、趙元副社長やロッテ一族とは何の関係もないのに財閥一員の過ちを財閥全体に拡張してみる韓国独特の「財閥感情法」によって損害をこうむったと悔しがるかもしれない。ところが財界の悔しさも「財閥はグル」と見ている国民の感情や根っこに沿って行けば、全て1カ所に集まる。

オーナー一家が「ネズミの尻尾の持分」で企業を支配し、経営権の世襲を当然視する財閥の文化がそれだ。外国メディアは今回のロッテ騒動を報道して、韓国の財閥企業が、家族経営にさしたる困難なしに企業支配に多大な影響を及ぼしている点を懸念した。韓国企業で家族間の経営権紛争が絶えない点が、国際的に低い評価を受ける理由だとも指摘している。

これについては財界からも声が多い。ある財界要人は、オーナーの持分が低い大企業がどれほど孤軍奮闘しているのかについて長い電子メールを送ってきた。崔会長が今監獄にいるのも個人の私利私欲ではなく低い持分のためにソブリンの経営権攻撃を受けて以降、経営権防衛のために資金を用意する過程で犯罪とかかわってそんなことになったのだ。継承の準備がしっかりできていると言われているサムスンも最近、継承過程でエリオットの攻撃を受けたほどに韓国財閥の支配構造は虚弱だ。
【時視各角】なぜ経営権が世襲され좂ければならないのか=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP