주요 기사 바로가기

ロッテ「ワントップ」…韓国も日本も辛東彬会長

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.07.02 08:25
0
最近ベトナム・ハノイで開かれたロッテグループの食品グローバル戦略会議場。韓国と日本の食品系列会社代表と運営室長、ビジョン戦略室長など約50人が集まり、今後の戦略を熟考する例年の行事だ。年初に辛東主(シン・ドンジュ)前副会長(61)が主な系列会社の役員から解任された後、日本ロッテの責任を負う佃孝之ロッテホールディングス社長が演壇に立った。佃社長は発表を終えた後、「One Lotte,One Leader」と書かれたスライドを映し出した後、演壇から下りて前列に座っていた辛東彬(シン・ドンビン)会長(60)に深く礼をした。

韓国と日本に経営権が分かれているロッテグループが、辛東彬会長の「1トップ」体制に向かう。兄の辛東主前副会長が経営の一線から退いた後、辛会長が日本の「経営権空白」を速やかに埋めていく姿だ。

ベトナム戦略会議の出席者は「わずか数カ月前まで『韓国の会長は我々と関係ない』という雰囲気が強かったが、今は雰囲気が完全に変わった」とし「グループの後継構図に対して極度に慎重な姿を見せていた日本の経営陣が、辛会長の指揮権を事実上受け入れ、はっきりと辛東彬会長を礼遇している」と話した。

財界では、こうした日本ロッテのスタンスの変化について、辛格浩(シン・ギョクホ)総括会長(94)の意中が伝えられたためという解釈が優勢だ。年初まで日本ロッテの経営について「私はよく知らない」と言葉を控えていた辛東彬会長も最近、内部的に「(日本ロッテも)うまくやらなければいけない」と述べるなど、関心と責任感を積極的に表している。

辛会長は先月18日、東京で野村や三菱など証券・金融機関の関係者約100人が出席した中、企業説明会を主導し、「国内外の景気沈滞で厳しい環境だが、ロッテの事業領域は拡張されるだろう」とし、韓国と日本のロッテを区別しなかった。これに先立ち2日には安倍晋三首相に会った。ロッテの関係者は「具体的な内容は公開されなかったが、ロッテが韓国と日本で事業する企業であるだけに、韓日間の経済協力の懸け橋の役割に対する注文も含まれていたはず」と伝えた。

ロッテグループの「1トップ」としての辛東彬会長の動きは最近、ホテルロッテをめぐり明確に表れている。ホテルロッテは韓国ロッテの実質的な持株会社であり、日本ロッテと韓国ロッテをつなぐ核心の系列会社だ。ホテルロッテの最大株主は47%を保有する日本ロッテホールディングス。財界が3月の辛会長のホテルロッテ登記役員選任をグループの経営権継承として受け入れたのもこのためだ。辛会長はその2カ月後の5月末、ニューヨークパレスホテルを1兆ウォンで買収する大型M&A(合併・買収)をした。辛会長は今年、グループ史上最大規模の7兆5000億ウォン(約8200億円)の実弾をM&Aに投入すると明らかにし、KTレンタルを買収(3月)するなど積極的な姿を見せている。

ワントップ体制で自信を得た辛会長はグローバルレベルの動きに拍車を加えている。辛会長は先月23日、世界650余りの消費財製造会社および流通会社が参加する「世界消費財フォーラム」に出席するため、米ニューヨークに出国した。東京から戻って2日後だ。ニューヨークでは来月買収を終えるニューヨークパレスホテルに宿泊し、活用案を議論した後、先月30日に帰国した。上半期の半分を海外で過ごしたということだ。ロッテの関係者は「辛会長が不安定な海外市場を綿密に把握し、グローバル事業を拡大するために動いている」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ロッテ「ワントップ」…韓国も日本も辛東彬会長

    2015.07.02 08:25
    뉴스 메뉴 보기
    辛東彬(シン・ドンビン)会長(イラスト=パク・ヨンソク)
    TOP