주요 기사 바로가기

韓国型THAAD「天弓」 年末に実戦配備

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.07.31 08:42
0
1/2
国内技術で開発された地対空誘導ミサイル「天弓」の本格量産を控え、防衛事業庁が最近、試験射撃を実施した。「天弓」は垂直に発射された後、ミサイルに装着された火薬が爆発して方向を修正する。天弓の発射過程を見せるため数枚の写真を重ねた。(写真=防衛事業庁)
国内の技術で開発された中距離地対空誘導ミサイル「天弓」が年末に実戦配備される。「新宮」「天馬」など射程距離10キロ以内の短距離誘導ミサイルはすでに国内技術で開発が完了し、実戦に配備されたが、中距離誘導ミサイルの実戦配備は「天弓」が初めてだ。

防衛事業庁の関係者は30日、「最近、忠清南道泰安(テアン)半島付近の国防科学研究所(ADD)安興試験場で天弓の品質認証射撃を2回実施した」とし「天弓がすべて目標物を命中させ、試験発射に成功したことで、大量生産に入り、軍に納品することにした」と述べた。この関係者は「天弓は現在、武器市場で最も優秀な性能を保有する国産武器と評価されている」と述べた。

実際、天弓は2012年に政府研究開発最優秀成果に選ばれた。ADDの主導で2001年に開発に着手した天弓は、11年目の2011年に開発を完了した。開発費だけで8000億ウォン(約850億円)を超え、1発あたりの価格も15億ウォン台。空軍はその間、短距離防空用誘導ミサイルの開発には成功したが、中距離防空は1960年代に米国が開発したホーク(HAWK)に頼ってきた。

天弓の最大射程距離は40キロで、15キロ前後の高度で飛行する物体、特に敵の航空機を迎撃するのに使われる。迎撃高度が40-150キロの高高度ミサイル防衛(THAAD)体系に比べて迎撃高度は低いが、韓国型ミサイル防衛(KAMD)体系の手段の一つであり韓国型THAAD(K-THAAD)と呼ばれる。

パトリオットミサイルが飛んでくる弾道弾を迎撃する「ミサイルをとらえるミサイル」と呼ばれるなら、天弓は「空に向かう弓」という名前のように音速以上(秒速345メートル以上)で飛行する航空機を追撃する。天弓の砲隊は多機能レーダー、交戦統制所、発射台、誘導弾で構成される。多機能レーダーで標的を探知し、標的を精密追跡した後、交戦統制所が発射命令を出せば、発射台からミサイルを撃つ。ミサイル発射は迅速に空中で方向を定めるために垂直発射方式を選択した。ミサイルは空中で前面部に装着された火薬が微細な爆発を起こして方向を定めた後、追跡機と航法装置が作動し、目標物を自ら探す。

このような天弓の実戦配備は北朝鮮の核・ミサイル攻撃に備えて推進しているKAMD体系が軌道に乗ったことを意味する。「探知-判断-決心-迎撃」が核心のKAMDで迎撃手段の一つを韓国軍が自ら保有できるようになったからだ。軍の関係者は「米国が無償で提供したホークミサイルは50年近く使用して老朽したが、天弓ははるかに優秀な性能を保有し、戦力に大きく役立つ」と述べた。

予算削減効果も大きいというのが軍当局の説明だ。軍の関係者は「武器は呼び値が価格になるためホークに代わるパトリオットミサイル数百発を購入したりアップグレードする場合は数兆ウォンかかったはず」とし「8000億ウォン以上の開発費を考慮しても天弓の実戦配備ははるかに経済的」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP