주요 기사 바로가기

朴大統領「北朝鮮の核に対応するキルチェーンとKAMDを早期に確保」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.10.02 09:11
0
300キロメートルの距離を飛びサッカーコート数十面分の面積を焦土化させられる「玄武(ヒョンム)II」弾道ミサイル。500~1500キロメートル離れた30センチメートル大の目標物も正確に当てられる「玄武III」巡航ミサイル。韓国軍が誇る最先端戦略兵器が1日にソウル都心に集結した。この日午後4時から南大門(ナムデムン)~光化門(クァンファムン)~東大門(トンデムン)・西大門(ソデムン)には各種ミサイルとK1AI戦車、戦闘装甲車K-200、歩兵戦闘装甲車K-21が重厚な姿を現わした。

特にどこから発射しても北朝鮮全域を打撃できる玄武IIIは今回初めて公開された。5月に西海(ソヘ、黄海)、ペクリョン島など西北島しょ地域に実戦配備された白いイスラエル製スパイク誘導ミサイルも初めて姿を見せた。すべて有事の際に北朝鮮の軍事施設を精密打撃したり無力化させることができる先端兵器だ。最近の北朝鮮のミサイルと核開発に警告を与える武力示威となる。

市街行進に先立ちソウル空港で行われた記念式に参加した朴槿恵(パク・クネ)大統領は顔に微笑を浮かべ続けた。空軍の特殊飛行チーム「ブラックイーグル」が航空機2機でハート形を描き、中心を別の航空機が通過してキューピットの矢を演出する時は大きく笑って拍手した。近くの道路で朴大統領を見守った軍関係者は、「大統領が将兵の姿を見て安心する様子だった」と伝えた。

1950年10月1日は陸軍第3師団23連隊の兵士らが江原道(カンウォンド)・襄陽(ヤンヤン)地域で初めて38度線を越え北進した日だ。これを称えるために李承晩(イ・スンマン)大統領時代の1956年に第1回国軍の日記念式が始まった。盛大な国民行事として行われ始めたのは1962年の朴正熙(パク・チョンヒ)国家再建最高会議議長の時からだ。

今年の記念式は過去10年間で最も大きい規模で行われた。行事に動員された兵力は1万1000人、地上装備は190台余り、航空機は120機余りだった。

3月の少尉合同任官式に出席して挙手敬礼をする際に敬礼する手の位置や角度があやふやだった朴大統領は、この日の記念式では徒歩や機械化部隊の分列を受ける際に軍人に劣らず整った姿勢で挙手敬礼をした。敬礼を受けた後手を下ろす際も節度ある姿だった。朴大統領は74年からファーストレディ代行を務めながら国軍の日行事に出席した。当時は朴正熙大統領の横に立ち目礼したり国旗に対する敬礼の際に胸に手を当てる程度だった。


朴大統領「北朝鮮の核に対応するキルチェーンとKAMDを早期に確保」(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    朴大統領「北朝鮮の核に対応するキルチェーンとKAMDを早期に確保」(1)

    2013.10.02 09:11
    뉴스 메뉴 보기
    第65周年「国軍の日」を迎えた1日午後、徒歩や機械化部隊による行進がソウル世宗路(セジョンノ)一帯で行われた。海軍最精鋭の特殊部隊UDT/SEAL隊員が市民の拍手を受けて徳寿宮(トクスグン)の前を行進している。この日の市街行進には、国軍4500人余りと105台の最新軍事装備が参加して精鋭強軍の威容を見せた。韓国軍の都心における市街行進は10年ぶりだ。
    TOP