주요 기사 바로가기

韓国の経済成長率、2.8%の達成も厳しい状況

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2015.07.26 11:39
0
今年の韓国の経済成長率が2.8%を達成するのも厳しいという見通しが出された。

コリアアセット投資証券はこのほど発表した研究報告書で、「相当な水準の景気反騰がない限り韓国銀行が下方修正した2.8%の成長すら容易ではない」と予想した。

報告書は過去5年の四半期成長率の分析を根拠に提示した。これによると前四半期比で今年1~3月期の成長率は0.8%で比較的善戦した。しかし中東呼吸器症候群(MERS)の直撃弾を受けた4~6月期は成長率が0.3%にとどまった。このため韓国銀行の修正見通しである年間2.8%を達成するには7~9月期と10~12月期にそれぞれ1.2%ずつは成長しなければならない。

問題は2011年以降で前四半期比成長率がこれほど高かったことがないという点だ。2011年以降で四半期成長率が1%を超えたのは2014年1~3月期の1.1%が唯一だ。特に下半期は上半期に比べ成長率が低かった。7~9月期と10~12月期の成長率は2011年がそれぞれ0.6%、2012年には0.4%と0.6%にとどまった。2013年にはそれぞれ0.9%を記録したが4~6月期の1.0%より低かった。昨年もそれぞれ0.8%と0.3%で1~3月期の1.1%を下回った。

コリアアセット証券アナリストのコン・ドンラク氏は「現在の成長パターンで突破口を見いだすことができなければ10月の経済成長見通しはさらに下方修正されるほかない。追加補正予算執行、金利政策などが景気浮揚につながるよう政策集中度を高めなければならない」と話した。

先立ち企画財政部は追加補正予算編成と関連した与野党合意に先立ち今年の成長率を3.1%と予想した。韓国銀行は今年の成長見通しを1月に3.4%、4月に3.1%と予想したが、最近になり2.8%に修正した。(中央SUNDAY第437号)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP