주요 기사 바로가기

ロボットが案内・荷物運搬まで…宿泊費を半額にした日本のホテル「ロボット革命」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.07.17 15:24
0
◆ロボット量産に拍車かける日本

日本では最近、ロボット需要が伸びながら企業がロボット量産に先を争って参入している。今までは主に工場で働く産業用ロボットが中心だったが、最近では人工知能ロボットなどサービスロボットに広がっている。日本の通信企業ソフトバンクは人間の感情を認識するロボット「ペッパー」(19万8000円)を販売中だ。

6月に一般人を対象に販売を始め1000万台が1分で完売した。台湾のフォックスコン(Foxconn)と手を組んで年間1万台の生産体制を構築する予定だ。NTTドコモも大型玩具企業タカラトミーと共同開発した対話ロボット「オハナス(OHaNAS)」を出す。人工知能ロボットのほかに活用度が高いロボットの1つは介護ロボットだ。高齢者や患者の歩行を助けたり、装着すると力が強くなったりする筋力増強ロボットだ。

日本の新エネルギー・産業技術総合開発機構によれば日本のロボット市場は今年の1兆6000億円から2020年には2兆9000億円、20年後の2035年には9兆7000億円規模に成長する見通しだ。特にサービスロボットの市場規模は今年3733億円から2035年には4兆9568億円に増えて全体ロボット市場の半分を超えると予想された。

日本政府はアベノミクス(安倍晋三首相の経済政策)の「3本目の矢」である成長戦略の1つとして「ロボット革命」を推進することにした。介護、医療、農業、中小企業など働き手不足が深刻化する分野にロボット導入を重点的に支援する計画だ。


ロボットが案内・荷物運搬まで…宿泊費を半額にした日本첂ホテル「ロボット革命」(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP