주요 기사 바로가기

「MERSで閉じた財布を開け」…デパートが最高90%割引セール=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.06.27 13:40
0
26日午前10時、ソウル小公洞(ソゴンドン)ロッテ百貨店本店の前。開店時間の30分前だが、すでに約200人が列をつくっていた。扉が開くと、多くの人がワインとバカンスファッションの大型割引イベントが開かれる9階に直行した。

中東呼吸器症候群(MERS)で冷え込んだ景気がやや上向き、離れた客をまた呼び寄せるためにデパートが力を注いでいる。ロッテ・現代・新世界・ギャラリア・AKプラザなどは26日、一斉にセールを始めた。

現代百貨店は26-28日の3日間、100億ウォン(約11億円)分のゴルフ商品大展、夏のスタミナ食品30%割引、2万ウォン以上食事顧客イベントなど、多彩な行事を準備した。現代百貨店側は「最近3年間のセール売上高を分析すると、最初の週末(金-日曜)の3日間に全体売上高の30%近くが発生した」とし「MERSで冷え込んだ消費心理を上向かせるためにさまざまなイベントを準備した」と述べた。

新世界百貨店もヤングカジュアル(江南店、最大80%割引)、男性カジュアル(永登浦店、最大80%)、アウトドア(江南店、最大70%)などの割引イベントを行う。新世界サムスンカードで60万ウォン以上の買い物をすれば10万ウォン相当のカリビアンベイプール利用券を贈呈するなど破格の謝恩行事も開く。

MERSで営業を中断をした済州(チェジュ)新羅ホテルも来月1日に営業を再開する。このホテルはMERS患者(141番目の患者)が宿泊したことが確認された18日当日から無期限営業中断し、患者に接触した職員36人全員を隔離した。しかし141番目の患者がチェックアウトした8日以降、潜伏期間(14日間)が過ぎても管理対象者全員に異常症状がなかったため、営業を再開することにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP