주요 기사 바로가기

<MERS>済州新羅ホテルが営業中断…5-8日に宿泊した客が陽性判定

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.06.19 08:50
0
中東呼吸器症候群(MERS)男性患者が疑いの症状がある状態で済州(チェジュ)を旅行していたことが確認され、この男性が宿泊した特1級ホテルが営業を中断した。これまで済州はMERS清浄地域だった。

済州MERS管理対策本部によると、141人目の患者となったA(42)は5-8日の4日間、済州を旅行した。Aと夫人、息子、友人の家族など計12人は5日午後2-4時に済州空港に到着した。レンタカーに乗って午後5時ごろ西帰浦(ソギポ)中文(チュンムン)観光団地にある済州新羅ホテルに入った。午後6時ごろにはホテルの前の飲食店で食事をした。6日にはホテルのバイキングとプール内の飲食店を利用した。

429室規模の新羅ホテルはこの事実が伝えられるとすぐに営業を中断し、安定化するまで予約を受け付けないことにした。また、Aの宿泊以降の宿泊客にこれを知らせている。Aと接触したホテル職員は隔離された。

Aの一行は7日には乗馬場やテーマパークなど観光地を回った。防疫当局は「Aは7日から体の状態がよくなかったため、一人で車の中にいる時間が多かった」と説明した。

大韓航空も対処に追われている。Aは5日昼12時15分の金浦(キンポ)発済州行き大韓航空KE1223便、8日午後4時の済州発金浦行きKE1238便のビジネスクラスの座席を利用した。大韓航空ミン・ギョンモ次長は「乗務員と搭乗口の職員など22人を自宅隔離した」と伝えた。KE1223便には317人が、KE1238便には212人が乗っていた。大韓航空側は搭乗者名簿と連絡先を国土交通部に提出した。

Aは先月27日、父がサムスンソウル病院で外来定期検診を受ける際に同行し、14人目の患者と接触したと推定されている。9日に職場から退勤した後、発熱とせきの症状が表れ、13日に陽性判定を受けた。済州道は「17日になってから中央対策本部からAが済州旅行をしたという通報を受けた」と明らかにした。

Aは12日、江南(カンナム)セブランス病院でMERS検査を受け、「私がMERSに感染すればすべてまき散らす」と言いながら騒ぎを起こしたりもした。また、病院側が隔離診療をしようとすると、掛け金を壊して出て行き、タクシーに乗って帰宅した。

「私教育1番地」江南区大峙洞(カンナムグ・テチドン)の塾が集まる地域の病院にも別のMERS患者が行ったことが明らかになった。15日に江南聖母病院で感染が確認された152人目の患者B(66)が大峙洞の耳鼻咽喉科に行った。この病院は閉鎖され、医療スタッフは自宅隔離に入った。同じ建物にある塾は消毒作業に入った。該当病院側がホームページに公示したが、防疫当局はこうした内容を公開していない。

主婦のキムさん(43)は「152人目の患者は8日から熱が出ても忠清南道の別荘を行き来したことが明らかになった。当局の管理が徹底されていない」と怒りを表した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP