주요 기사 바로가기

韓国、AIIB出資比率3.74%で5番目…中国は29.7%

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.06.27 08:42
0
中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)の協定文署名式が29日に北京で開かれると、中国政府が発表した。

今年末に公式的にスタートするAIIBの57参加国は事前協議で資本金1000億ドルの出資比率に合意した。中国の出資比率(29.7%、298億ドル)が最も多い。中国は議決権(投票権)でも25.58%を確保し、事実上の拒否権行使が可能になった。

北京の外交消息筋は「協定文には、融資や組織変更など主な案件に対する議決は全体の75%以上の賛成を必要とすると規定されている」と述べた。

出資比率は中国に次いでインド(8.3%)、ロシア(6.5%)、ドイツ(4.4%)の順。韓国は出資比率3.74%、議決権3.5%を確保し、参加国のうち5番目。署名式には中国の習近平国家主席、崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)経済副首相らが出席する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP