주요 기사 바로가기

<長期不況を脱出する日本>1-3月期の成長率、予想外の1%

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.06.09 09:33
0
日本の1-3月期の国内総生産(GDP)成長率が前期比で1%となった。日本内閣府は8日、「1-3月期の成長率を先月発表した0.6%(予備値)から1%に上方修正する」と発表した。「G(Growth=成長)サプライズ」だ。1-3月期の成長率が0.8%の韓国を上回る数値だ。

日本経済は昨年4月の消費税増税後、4-6月期、7-9月期に連続でマイナス成長となった。東京金融市場のエコノミストがいう「消費税沈滞」だ。しかしもう消費税増税の余波から抜け出す姿だ。日本NLIリサーチセンターのエコノミスト、斎藤太郎氏はこの日、ブルームバーグ通信のインタビューで「日本経済が回復軌道に乗った」と述べた。

最も重要なのは日本企業の投資が増加している点だ。日本内閣府によると、日本企業の投資は昨年10-12月期の0.1%減から今年1-3月期は2.7%増となった。企業が円安の影響で輸出が増えると予想し、在庫を増やしたおかげだ。在庫は今後の負担となる可能性もあるが、日本企業が将来を前向きに見ているという点は注目される。

日本の輸出は円安を背景に昨年9月から今年4月まで8カ月連続で増加した。日本企業は輸出好調で収益性が改善する中、本格的な投資に動き出している。日本経済新聞は先月末、日本企業1219社を対象に2015会計年度(2015年4月-2016年3月)の設備投資計画を調査した。その結果、予想投資額は前年比10.5%の28兆226億円(約252兆ウォン)だった。設備投資の2けた増加率は3年ぶりだ。

李地平(イ・ジピョン)LG経済研究院首席研究委員は「日本企業は増えた収益で、韓国が全く対応できない再生可能エネルギーや宇宙・ロボットなど各種新産業に投資している」とし「このような投資が実を結べば、韓国企業には本当の危機が迫ってくるかもしれない」と警告した。規制改革でも日本は一歩先を進んでいる。日本は医薬品のインターネット販売など推進が容易でないことも許容した。しかし韓国はコンビニで販売する医薬品品目を拡大するのも容易ではない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP