주요 기사 바로가기

日本は円安で黒字の大企業、海外から注文殺到する中小企業(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.02.05 10:53
0
「円安効果で注文が急速にあふれています」。

時計や歩数計などの計測機器を生産して欧州と米国に輸出する日本の山佐時計計器。同社の日本本社にはこのところ海外支店からこうした朗報が続いている。この会社の最近の受注量は昨年初めに比べ20%以上急増した。昨年11月末から2カ月ほどでユーロに対し円が20%ほど下がり、英国、オランダ、ベルギーの医療機器メーカーがより安い価格で調達できる日本企業に発注を回したためだ。同社の木村正美取締役は、「輸出に明るい兆しが現れている」と話した。

円安を元肥に日本企業が活力を取り戻している。期待感は株価にまず反映された。

日本経済新聞は1日基準で時価総額が1兆円を超える企業はトヨタなど71社に上ると報道した。昨年11月の47社より51%急増した。

韓日を代表する企業の時価総額逆転現象も現れた。同紙によると三菱重工業の時価総額が現代重工業を追い抜き、新日鉄住金とポスコの時価総額の差が昨年10月の7000億円から5000億円に縮小した。同紙は「東南アジアの鋼材加工会社から『日本の鉄鋼製品を仕入れたい』との引き合いが急増している。韓国勢との受注合戦で苦戦してきた日本企業が価格競争力を取り戻しつつある」と伝えた。

大企業の躍進は中小企業にも拡散している。パナソニックなど大手企業にナビゲーションシステムと監視カメラ部品を納品する猿渡電機製作所の関一政社長は、「年末年始は3年ぶりぐらいの忙しさだった」と話す。


日本は円安で黒字の大企業、海外から注文殺到する中小企業(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本は円安で黒字の大企業、海外から注文殺到する中小企業(1)

    2013.02.05 10:53
    뉴스 메뉴 보기
    円安が韓国産業に及ぼす影響(資料=韓国企画財政部と現代経済研究院)。
    TOP