주요 기사 바로가기

WHO「韓国の状況を注視…旅行・国境統制は不必要」

ⓒ 中央日報日本語版2015.06.03 13:27
0
世界保健機関(WHO)は2日(現地時間)、韓国では中東呼吸器症候群(MERS)による患者が25人に増えて2人が死亡したものの旅行・国境統制などの措置は必要ないとの見解を明らかにした。

WHO広報担当のChristian Lindmeier氏は同日、欧州国連本部でブリーフィングを行い、「MERSは伝播力の非常に強い重症急性呼吸器症候群(SARS)とは違う」としながら「MERS患者が隔離治療を受けている以上、国境統制措置は必要ない」と伝えた。

また「韓国のMERSは病院に入院した患者を媒介に伝播したもので中東と大きく違わないが、韓国でMERSがどのように進展するかは関心を持って見守らなければならない」と付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP