주요 기사 바로가기

韓国の建設会社、海外建設受注が急減

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.05.26 10:49
0
韓国建設会社の海外建設工事受注が危機を迎えている。原油安のため中東地域の工事発注が大幅に減少し、2011年以来4年ぶりに年間受注額が600億ドルを下回るという予想も出ている。

海外建設協会によると、韓国建設会社の今年の海外受注実績は231億3426万ドルで、前年同期(311億1993万ドル)比25.7%減少した。

多くの大手建設会社はいわゆる「受注の崖」に直面した。大宇建設の今年の海外受注額は1億4347万ドルと、前年同期(32億1247万ドル)の20分の1にもならない。

サムスン物産とサムスンエンジニアリングの今年の受注額もそれぞれ3億494万ドル、5億4831万ドルで、前年同期(19億8658万ドル、41億6252万ドル)比でそれぞれ85%減、87%減となった。現代建設は5億808万ドルを受注し、昨年の5分の1にすぎない。

パク・ギプン海外建設協会会長は「政府が受注を支援しているが、原油安が長期化し、下半期にも中東地域の建設受注実績は期待に及ばないだろう」と予想した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP