주요 기사 바로가기

米専門家「日本は独島放棄・慰安婦賠償を…韓国は提案を受け入れるべき」

ⓒ 中央日報日本語版2015.05.19 10:52
0
韓国と日本がどん底の外交関係を元に戻すためには双方が大きな枠組みの譲歩と妥協をする「グランド・バーゲン」(Grand Bargain)に乗り出すべきだという主張が米国から提起された。

韓半島(朝鮮半島)専門家のスコット・スナイダー米国外交問題評議会(CFR)シニア・フェローと知日派学者であるブラッド・グロッサーマン米戦略国際問題研究所(CSIS)太平洋フォーラム事務局長は18日(現地時間)、ワシントンD.C.で開かれたセミナーでこのような提案を盛り込んだ『The Japan-south Korea Identity Clash(韓日アイデンティティの衝突)』という著書を紹介した。

2人の研究員は「韓国と日本は共にアイデンティティの葛藤を経ているという観点から過去の問題と領有権紛争を解決し、未来志向的な関係を構築するグランド・バーゲン、またはグランド・リセット(reset、再設定)に踏み切るべき」と明らかにした。

2人は日本に対して「独島(ドクト、日本名・竹島)領有権の主張を放棄すべき」とし「旧日本軍慰安婦犠牲者に金銭的な賠償をしながら日本の首相は内閣と党幹部に歴史修正主義と関連して“不寛容(zero-tolerance)”政策を推進するべき」と伝えた。

韓国に対しては「韓国は日本の提案をはっきりと受け入れなければならない」とし「日本のこのような努力を、歴史問題を決着させて未来志向的な関係を始める最終的なジェスチャーとして認めなければならない」と主張した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP