주요 기사 바로가기

【コラム】韓国経済号の船長と船員はどこにいるのか(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.04.17 09:54
0
「警備艇が10分以内に到着するでしょう。」

2014年4月16日9時25分。珍島(チンド)海上交通管制センター(VTS)がセウォル号に知らせた。セウォル号の船室の中にも「海上警察救助艇が10分後に到着する」という放送が流れた。ライフジャケットを着た状態で廊下で待避の合図を待っていた学生たちは胸を撫でおろした。船は52.2度しか傾いていなかった。すぐにその時「旅客船の外に待避しなさい」という放送さえなされていれば295人の死亡者と9人の行方不明者を出したセウォル号惨事は避けることができた。絶体絶命の瞬間、運命の鍵はイ・ジュンソク船長と船員が握っていた。しかし彼らは20分後に一番最初に船を捨てて逃げた。下着姿で逃げ出した船長は自身の身分さえ隠した。

事故はいつでも起こりうる。しかし船長と船員がどのように対処するかにより1つのドラマとして昇華される事も惨劇として幕を下ろすこともある。指導者の肩にかかる重さは「ゴールデンタイム」であるほど重くて厳重だ。この1年、セウォル号事件を振り返りながら国民が皆、骨身にしみるように体得した教訓だ。ところがセウォル号惨事1周年をむかえ、私たちはもう一度セウォル号の悪夢を見ているのではないかと身震いがする。今、与野党の政界はもちろん、市場町の張三李四まで皆、話題は「成完鍾リスト」ばかりだ。大統領の不在を埋めるべき首相さえ「おもちゃの首相」と嘲弄されている。

その間、韓国経済号は傾きつつある。もしかすると孟骨(メンゴル)水道よりさらに荒く頑強なうず巻きに閉じ込められているのかもしれない。経済の根幹は雇用だ。雇用のない浮揚策は砂上の楼閣にすぎない。雇用が減っているところに株価と住居価格だけ急騰するのははるかに危険だ。直ちに手術台に乗せるべき急患にモルヒネを打つようなものだ。今、韓国経済は急患だ。雇用の動脈が隙間なく滞っている。来年から60歳に定年が延びる上に通常賃金の負担が大きく増えたために企業は職員を採用するどころか解雇するのに忙しい。鉄甕城の中に隠れて既得権守りに汲々とした大企業の正規職員の労働組合は青年失業や非正規職員の処遇改善に関しては対岸の火事の見物だ。その上「ベビーブーマー」世代の退職の波はすでに始まった。今後30年間、毎年80万人を越えるベビーブーマーの退職者があふれる。
【コラム】韓国経済号の船長と船員はどこにいるのか(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP