주요 기사 바로가기

電気自動車のバッテリー市場占有率、韓国2位だが日本は独走

ⓒ 中央日報日本語版2015.04.15 17:47
0
昨年出荷された電気自動車に使用されたバッテリーの市場占有率などを分析したところ、日本企業が1位、韓国企業が2位という調査結果が出た。

韓国市場調査機関SNEリサーチは15日、昨年世界に出荷された電気自動車に採用されたバッテリーの容量やメーカー別市場占有率を調査した結果、日本が占有率71%(約6.3GW容量)で1位を占めたと明らかにした。韓国はLG化学とサムスンSDI、SKイノベーションなど3社を合算して市場占有率17.3%を占め2位に入ったことが集計された。

バッテリーメーカー別では日本のパナソニック(Panasonic)が30.5%で1位を記録した。次いで日産(NISSAN)自動車とNECの合弁会社である「オートモーティブエナジーサプライ(AESC)」が17.7%で2位、3位はトヨタとパナソニックの合弁会社である「プライムアースEVエナジー」が15.1%であることが分かった。

韓国勢はLG化学、サムスンSDI、SKイノベーションがそれぞれ4位(10.8%)、7位(4.5%)、8位(1.9%)を占めた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP