주요 기사 바로가기

【時視各角】サムスン電子・現代自動車は忘れなければならない(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.03.10 09:00
0
豊富な経験の韓悳洙(ハン・ドクス)元首相の忠告は傾聴する必要がある。彼は貿易協会会長時代に「これからは大企業より中小企業を注視しなければならない。昨年中小・中堅企業の輸出が5.9%も増え、大企業の0.3%を上回った」と話した。オンライン販売、ホームショッピング、海外個人輸入で中小企業輸出の国境が低くなり、韓流のおかげで「メイド・イン・コリア」の競争力が際立ったのだ。彼は「社会が変わる兆し」と話した。

いまや中小企業で勝負に出るのは選択でなく必須だ。突き詰めれば過去の中小企業政策は過保護が欠点だった。重複支援と干渉で温室の中の草花ばかり育ててきた。中小企業研究開発(R&D)支援事業は19の官庁と公共機関が分け合い、中小企業輸出支援事業は実に408件も乱立している。これだけではない。産業資源部関係者は、「大企業-1次協力業者はほとんどが現金取り引きで透明だった。むしろ2次→3次→4次協力業者間の取り引きがはるかに無秩序で残忍だ」と話した。公正取引委員会が大企業叩きに先立ち解決すべき宿題だ。

韓国も300万社の中小企業のうち3000社だけ選択し集中的に育ててみれば良い。無差別な支援の代わりに技術開発と電子商取引輸出に集中する方式でだ。インターネット決済を簡単にし、安く迅速な配達のため青島や上海、東南アジアに物流倉庫を作ったり専用貨物船を投入するのも価値のある実験だ。それが魚を捕まえる方法を教えることだ。もし10年後に2000社の中小企業が1000億ウォン以上の売り上げを上げるならば新たなサムスン電子(売り上げ206兆ウォン)が誕生するわけだ。

私たちの周辺に「政治はわからないが経済的には全斗煥(チョン・ドゥファン)時代が良かった」という50代以上が意外に多い。物価安定とともに中小企業がうまく行っていた時期だった。もう1人でもうまくやっているサムスン電子や現代自動車は忘れなければならない。18兆ウォンの政府R&D資金を中堅・中小企業にだけ集めるドイツも参考にしなければならない。中小企業の生態系が丈夫になれば創造経済や所得主導成長はおまけとしてついてくる。十分にそうした冒険をやれるだけの時代が開かれている。

イ・チョルホ論説室長
【時視各角】サムスン電子・現代自動車は忘れなければならない(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP