주요 기사 바로가기

4月のバンドン会議60周年に南北首脳同時招待される

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.02.23 14:57
0
ロシアが5月の戦勝記念日に朴槿恵(パク・クネ)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記を同時招待する中、インドネシアもバンドン会議60周年を迎えて南北首脳に招待状を送ったと韓国政府消息筋が22日、明らかにした。バンドン会議は1955年、アジアとアフリカ29カ国の代表団が発足させた体制で、非同盟運動(第3世界)の始まりとされている。

インドネシアはこれを記念して4月22~23日、ジャカルタでアジア・アフリカ首脳会議を開いた後、24日バンドンで60周年記念行事を行う。韓国政府関係者は「北朝鮮はバンドン会議10周年行事の時である65年、金日成(キム・イルソン)主席が金正日(キム・ジョンイル)総書記を連れて参加したほど意味を付与している」と伝えた。ただ、韓国は大統領がこれまでこの会議に参加したことがなく、金正恩の出席もまだ分からないという状況だ。2005年50周年行事の時には盧武鉉(ノ・ムヒョン)政府の李海チャン(イ・ヘチャン)当時首相が金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長とバンドン会議で会ったことがある。

一方、金永南常任委員長は最近1カ月以上も姿を見せておらず、健康異常説が提起されている。

統一部当局者は「先月15日の北朝鮮の新任インドネシア大使の信任状奉呈式に出席して以降、公開活動がない」として「金正日の誕生日行事(2月16日)にも姿を見せなかった」と伝えた。金永南は今年87歳だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP