주요 기사 바로가기

米大統領が抜けた朝中露首脳会談、韓国の立場は…(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.23 08:12
0
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が5月、ロシアの戦勝70周年記念行事に出席する可能性が高まり、韓国政府の悩みも深まっている。モスクワで南北首脳会談が実現するかどうかがカギだが、これをそれぞれ異なる視線で眺める米中日露4強国との関係を滑らかに処理すべき問題も韓国の外交に大きな課題として投じられている。

閔庚旭(ミン・ギョンウク)青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官は22日、朴槿恵(パク・クネ)大統領がロシア戦勝記念式に出席するかどうかについて「5月の日程はまだ確定していない。いくつかの日程が競合するはずであり、こうした状況で検討する内容」と述べた。金正恩第1書記が出席する場合は朴大統領も出席するのかという質問に対しても、「まだ時間があるので総合的に判断して決めていく」と答えた。複雑な「外交高次方程式」に直面した青瓦台の悩みが感じられる返答だ。

政府の基本立場は、今後数カ月間の南北関係展開様相を綿密にチェックして慎重に判断するというものだ。政府が念頭に置くべき対象は北朝鮮だけでない。まず冷戦終結後では最悪の米露関係が大きな負担だ。ウクライナ事態の後、米国はロシアに強い圧力を加えている。オバマ米大統領は20日(現地時間)の一般教書演説でもロシアを数回にわたり公開批判し、ロシアの国際的な孤立を自らの外交的成果だと自評した。

プーチン露大統領はオバマ大統領に公式招請状を送ったが、米国はまだ回答していない。ロシアのイタルタス通信は20日、ジョン・テフト駐露米国大使の言葉を引用し、「現在のところオバマ大統領がモスクワに来る計画はない」と報じた。外交消息筋は「オバマ大統領の任期中にはロシアと親しくする考えが全くないという共感が米国務省に形成されている」と伝えた。また「オバマ大統領だけが抜けて南北中露首脳が集まるのは、韓国政府としては難しい形になるしかない」と懸念した。

政府は執権後初めての国際外交舞台デビューカードに触れている金正恩第1書記と激しい駆け引きもしなければいけない。最近、ロシアは北朝鮮との経済協力を拡大している。特にプーチン大統領は今回の戦勝記念式“興行”に死力を尽くしている。ウクライナ事態による西側の制裁の中でも健在を誇示しようという計算だ。このためロシアは強力な興行カードとなる金正恩第1書記のロシア訪問に力を注ぐ様相だ。


米大統領が抜けた朝中露首脳会談、韓国の立場は…(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP