주요 기사 바로가기

【時論】中国人の心をつかんでこそ韓国企業が生存する(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.01.02 11:17
0
韓中自由貿易協定(FTA)締結後、今後市場拡大が急速に進展すれば企業の地域社会貢献による社会疎通がより一層重要になる。その上、中国政府が経済の質的成長に重点を置きながら環境保護、エネルギー節約、資源削減分野に対する市場需要が増加している。新しい市場開拓のためにも中国経済社会が指向する価値と連結された社会責任活動と投資はより一層必要だ。その例としてLG電子は「中国愛」を掲げて貧困地域の教育に投資し、中国政府の理念に合わせる疎通をしてきている。中国サムスンも中国青少年発展基金会と共同で立ち後れた地域の希望小学生を相手に「ドリームクラス」を運営している。

文化遺跡の保護と施設支援に立ち向かう中国文化親和型も望ましい疎通の形だ。BMWの遺跡探訪ボランティア活動、密閉容器生産業者ロックアンドロックが蘇州生産法人に建てた楚国忠臣の伍子胥銅像は歴史ストーリー開発、文化疎通のキーワードになることができる。

このように中国社会で外国企業は社会問題解決と共有価値拡散のための多様な社会責任を展開しながら地域社会密着型、企業価値集中化、政府価値指向型、公益価値鎖型、中国文化親和型の特徴を見せている。

中国に進出した外国企業は政府または非営利団体などとのパートナーシップを拡散して貧富の改善、教育格差の解消、環境保存、文化活動、創業の革新などを助けている。これからは韓国の大企業も中国政府の価値観と国政理念に合わせて全体的な社会革新を企てる方向に進む必要がある。中小企業は地域社会密着型で進めるのが効率的だ。

中国政府が目指す持続可能社会と結びついた社会責任活動は直接的な売り上げ増大はもちろんブランドイメージ向上とともに新しい市場の進入も容易にしてくれる。その例として中国には二酸化炭素排出低減、新再生エネルギー、環境に配慮した技術を利用した環境および安全食品に対する需要が増加している。このような流れに合わせて韓国企業も中国地域社会と特化した環境親和的プログラムを開発・実行する必要がある。企業の成長と社会発展、そして持続可能な成長を同時に追求できる戦略的活動は中国に進出した韓国企業が開発しなければならない共通課題だ。外国企業が社会価値を共有して広めつつ環境・労働者・消費者・地域社会に対する利益を反映して社会的責任を全うするのは中国市場での長期的生存を図る近道だ。

ユ・ヒムン漢陽大学中国学科教授・北京大学経済課招へい教授
【時論】中国人の心をつかんでこそ韓国企業が生存する(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP