주요 기사 바로가기

【中央時評】韓国キムチが万里の長城を越えるためには(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.11.28 10:35
0
最近Sグループが主管したキムチ作り行事に参加した。協力企業の役職員、宗教および慈善団体の人々まで含め1000人余りで室内体育館がいっぱいになった。立った姿勢で有機農白菜の中に塩辛や多様な薬味であえた細切りの大根を数時間かけて万遍なく入れた。キムチ作りが大変だということも改めて感じた。ていねいに作ったキムチを生活の苦しい一人暮しの老人や長屋街の低所得者に贈った。キムチの薬味のにおいと奉仕の温かさを未だに感じながら食品科学としてのキムチ産業と企業および社会が共に作ることができる共有価値について考えてみた。

1960年代までを考えても多くの家庭でご飯1杯とキムチが献立の全てであった。冬はいっぱいに満たされたキムチのカメがあるだけでも豊かな気持ちになるほどであった。漬けたばかりの浅漬けキムチを割いて食べたことを思い出す。米国留学時代に試験に追われて何日間かハンバーガーで食事を済ませていた時にキムチとホットドッグを切って作ったキムチチゲを食べたら体に活気が巡ったことが思い出される。今、外国人を含む団体写真撮影の時、笑顔を誘導する単語は断然「キムチ」だ。このようにキムチには分かち合いと微笑のウイルスが一緒に入っている。最近韓流の映像作品で韓国の食卓が全世界に放映され、キムチは韓国の代表的なイメージ生活文化商品となった。

ユネスコは昨年12月、韓国のキムチ作り文化を「共に作り分かち合うキムチ(Making and Sharing Kimchi)」と命名し、人類無形文化遺産として登載した。世界が韓国の伝統醗酵食品の栄養学的価値と食べ物を共に作って分かち合うという共同体文化の形質を認めたのだ。キムチ作りは韓国の味や趣、分かち合いの真心が沁み込んだ韓国固有の食生活文化の真髄であることに間違いない。

しかし最近韓国の伝統キムチが食卓で中国産に押されている。昨年、中国産キムチの輸入は20万トンで1200億ウォン(約128億円)に達した。通常1キログラム当りの中国産キムチの価格は韓国産キムチのわずか5分の1程度だ。韓国の食欲とあまりにも身近で伝統食品なのでキムチまで「交易の材料」になるとは思ってもみなかった。まさにこの価格差のため、大型食堂と高速道路サービスエリアで使われるキムチは90%が中国産だ。キムチ宗主国の地位が揺らいでいる。キムチの国内流通原産地の表示管理が疎かで消費者は識別もできずに食べている。韓中自由貿易協定(FTA)が発効されればキムチの輸入価格はより一層下がっていくだろう。キムチが大量輸入されれば、薬味類や白菜は関税譲許品目から除外されたが、これらに対する需要も減るほかはない。
【中央時評】韓国キムチが万里の長城を越えるためには(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP