주요 기사 바로가기

アリババの時価総額が2314億ドルに…孫正義の投資が大きな力に(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.09.23 15:26
0
中国電子商取引の最大手アリババグループが19日(現地時間)、ニューヨーク証券取引所に上場し、初日の取引を93.89ドルで終えた。公開価格の68ドルより38%上昇し、アリババの時価総額は2314億ドルに達した。あっという間にフェイスブック(2016億ドル)・アマゾン(1530億ドル)を上回った。アリババの成功を5つのキーワードで見てみる。

<1>ビジョン=アリババは馬雲(ジャック・マー)会長が1999年に中国杭州の自分のマンションで友達17人と創業した。最初から102年続く企業を作ると宣言した。3世代にわたる企業、すなわち簡単には消えない企業になるという覚悟だった。

社名は「アリババと40人の盗賊」からヒントを得た。すべての人によく知られているうえ、アリババが他の人を助ける若者という理由だった。「開けゴマ」という呪文で宝が詰まった洞窟の扉を開くように、中小企業にビジネスチャンスを開くというものだった。筆頭の価値も顧客第一主義だ。19日、ニューヨーク証券取引所への上場を記念した各種行事に経営陣や株主の代わりに選別した顧客を送ったのも、顧客第一主義を宣伝するためだった。

<2>情熱=馬雲は体が小さい。身長は160センチにもならない。しかし情熱は溶鉱炉だ。馬雲は草創期から「我々は若く、決してあきらめないため、必ずできる」と勇気を吹き込んだ。中国消費市場を席巻したイーベイに挑戦した頃、馬雲は休み時間に職員を逆立ちをさせた。決意を固め、エネルギーを高めるためだった。

今でも毎年、巨大な体育館に全職員を集め、団結大会を開く。馬雲はかつらをかぶり、リップスティックを塗って登場し、歌で職員の士気を高める。馬雲の英雄は映画の主人公フォレスト・ガンプだ。馬雲はCNBCとの即席会見で「挫折するたびにフォレスト・ガンプを見る」と語った。

<3>勝負師=馬雲は一発勝負に強い。今日のアリババがあるのは、2000年代初めのイーベイとの勝負のためだ。いわゆるダビデとゴリアテの戦いだった。イーベイを倒した経験は大きな資産となった。

当時、アリババはB2Bでようやく黒字を出し始めた時期だった。淘宝を作ってオンラインショッピング分野に参入するという構想にすべての経営陣が反対した。ニューヨークタイムズが紹介した当時のエピソード。馬雲は孫正義ソフトバンク会長に電話をかけた。

「オンラインショッピング事業をしようと思っている。あなたがいてもいなくても私たちはする。あなた考えはどうか」。 5分後、孫正義が電話をかけて話した。「私も入れてほしい」。イーベイとの決闘資金は孫正義が出した。アリババはゲリラ戦で臨んだ。競売サイトの手数料を無料と提示しながら市場を拡大した。当時、馬雲が職員に送ったメッセージはこうだ。

「イーベイは海のサメだ。我々は揚子江のワニだ。海で戦えば私たちが負ける。しかし川で戦えば私たちが勝つ」。結局、イーベイが敗走した。
アリババの時価総額が2314億ドルに…孫正義の投資が大きな力に(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP