주요 기사 바로가기

アリババマジック…孫正義会長が一気に日本最高の富豪に(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.09.18 08:58
0
アリババの威力だ。日本の富豪ランキングまで揺るがしている。

ブルームバーグは17日、「ソフトバンクの孫正義会長が16日基準で166億ドルの資産を保有する日本最高の富豪となった」と報道した。先週末以降ソフトバンクの株価が5%ほど上昇したからだ。これまで1位だったユニクロの柳井正会長は162億ドルで2位に押し出された。

今回の逆転はソフトバンクが保有するアリババの株式34.4%のおかげだ。ブルームバーグは専門家らの話として、「アリババの公募価格が1株当たり68ドルで決定されれば筆頭株主であるソフトバンクが保有する株式の価値は581億ドルに達する。孫会長にとってアリババ上場の日は給料日だ」と伝えた。

この程度は始まりにすぎない。アリババの株式が米証券市場に上場され取り引きが始まれば株価は公募価格より高く形成される可能性が大きいというのがウォール街の専門家らの予想だ。孫会長が保有するアリババ株の価値がさらに大きくなるほかないという話だ。

ソフトバンクは思いがけない効果も享受している。この日CNBCは、「ソフトバンクがウォール街と香港証券市場では“アリババアバター”として通じる」と伝えた。個人投資家がアリババ公募株の配分を受けるのが難しいため筆頭株主であるソフトバンクの株式を買うのもひとつの方法という話だ。実際にアリババは今回のIPOで全株式の10%余りだけ売る考えだ。すでに投資銀行とミューチュアルファンドなどに配分が終わった状態だ。個人投資家がアリババ公募株の配分を受けるのは空の星を取るほど難しい。キジの代わりに鶏という話だ。CNBCは、「ウォール街と香港の投資家が最近ソフトバンク株式を大挙買い入れている」と伝えた。
アリババマジック…孫正義会長が一気に日本最高の富豪に(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP