주요 기사 바로가기

Tモバイル買収目前…孫正義の「通信帝国の夢」が見える(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.15 10:41
0
「今年の目標は移動通信加入者を10億人に増やすことだ」。

“第2のスティーブ・ジョブズ”“挑戦のアイコン”と呼ばれるソフトバンクの孫正義会長は今年初めに日本経済新聞とのインタビューでこうした目標を明らかにした。絶え間ない挑戦と精力的な勝負欲で世界を驚かせる孫会長は世界の“通信帝国”の夢をかなえることができるだろうか。

12日に日本経済新聞やロイターなどの外信は、「ソフトバンクが筆頭株主である米通信会社のスプリントネクステルが米国4位の移動通信会社Tモバイルの買収でTモバイルの親会社であるドイツテレコムと大筋で合意に達した」と報道した。

500億ドル規模とされる今回の買収が実現する場合、ソフトバンクは日本と米国で合わせて1億5000万人余りの加入者を確保する世界2位の移動通信会社に浮上することになる。現在世界1位は中国国営のチャイナモバイルの7億人だ。

在日韓国人3世の孫会長は1981年にソフトウェア流通会社のソフトバンクを設立し企業家人生を歩み始めた。19歳で立てたという「50年人生計画」によると今年57歳の彼は「事業完成」段階の最後の3年を残している。20代で名を上げ、30代で1000億円の運営資金を確保し、40代で勝負をかけ、50代で事業を完成し、60代で次世代に席を譲るというのが当初の彼の計画だ。通信はソフトウェア流通業とポータル(ヤフー)を結ぶ孫会長の最後の勝負所だ。

孫会長がグローバル通信帝国を夢見るのは通信を基盤としたモノのインターネット、ロボット市場を見据えているためだ。6月に「世界初の感情ロボット」というタイトルとともに公開したソフトバンクの感情ロボット「ペッパー」は移動通信網を活用するロボットだ。移動通信会社は携帯電話のようにロボット料金制で収益を出すことができる。来年2月に20万円台の低価格で発売されるペッパーはソフトバンクが端末代金を取らない無料電話戦略で日本の移動通信市場を揺るがした戦略の後続便になる可能性が高い。孫会長は2001年にヤフーとともに超高速インターネット網のADSL事業を始めた時も低価格戦略で利益を得た“価格破壊主義者”だ。
Tモバイル買収目前…孫正義の「通信帝国の늖」が見える(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    Tモバイル買収目前…孫正義の「通信帝国の夢」が見える(1)

    2014.07.15 10:41
    뉴스 메뉴 보기
    ソフトバンクの孫正義会長
    TOP