주요 기사 바로가기

「慰安婦問題は早期に解決すべき…正義を実現する時間がない」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.08.21 08:32
0
--歴史認識で韓日間では現在、日本軍慰安婦問題が最も敏感だ。

「何よりもこの方たちは被害者であり、真の正義が成り立つ時間もほとんどない。全員が亡くなればこの問題は解決が不可能となる。我々は主権問題については誰の肩も持たない。そうするべきではない。しかし慰安婦問題に関しては立場を明確にしてきた。慰安婦は謝罪と補償を受けなければいけない。この問題では賛否があいまいでない。慰安婦は人権問題だ」

--尖閣諸島(中国名・釣魚島)で中国と日本の軍事的衝突が発生すれば、米国は日本を支援するだろうか。

「尖閣諸島は日本が70年以上も行政的統制権を行使してきたし、その統制権は(米国の日本防衛義務を規定した)日米安保条約第5条の対象となる。オバマ大統領が訪日期間中に明らかにしたのがこの話だ。(軍事的な衝突が発生すれば)米国は日本の防御を助けるだろう。とにかく日中ともに尖閣問題が統制を抜け出せば、非常に大きな危機を招くという点をよく知っている」

--南北統一に対する見方は。

「1985年、独ベルリンにいた時、夜、遠くに歩哨に立つ東ドイツの軍人のたばこの火が見えた。(ベルリンの壁を越えて)自由を勝ち取ろうとしていた東ドイツの住民が、こうした軍人の銃に撃たれて死んだ。統一の希望は見えなかった。しかし4年後、ベルリンの壁が崩れた。南北統一は本当に早く、突然くる可能性もある。今こそ統一を考えて準備する時だ」
「慰安婦問題は早期に解決すべき…正義を実現する時間がない」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP