주요 기사 바로가기

【コラム】仁川アジア競技大会に来る北朝鮮美女応援団、なぜ合宿(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.08.05 11:05
0
選抜される場合は美貌・思想面で検証された優秀な人物と見なされ、今後、特権層で身分が上昇する機会まで狙えるという点で競争が過熱する。これには金正恩の夫人・李雪主(リ・ソルジュ)が大きな影響を及ぼした。2005年9月の仁川アジア陸上選手権大会当時に応援団として来た李雪主は数年後、後継者の金正恩の夫人に選択された。李雪主の父は元空軍操縦士だ。平凡な家に生まれた李雪主は20代で北朝鮮のファーストレディとしてスポットライトを受けている。李雪主が「平壌版シンデレラ」になるうえで応援団の経歴が大きく作用したという評価だ。情報関係者は「李雪主が応援団選抜に直接関与しているという話が広がり、労働党と軍部の幹部が彼女とのコネに血眼になったという情報もある」と説明した。

最終選抜された応援団は、外部と徹底的に隔離されながら応援の練習をし、思想教育を受ける。「応援団は敵陣(韓国)に入って元帥の偉大性を知らせる労働党の宣伝先鋒隊」というのが核心テーマということだ。我々が「美女応援団」をその言葉どおりに受け入れない理由だ。

韓国滞留中にはいつも保衛部要員の監視範囲内にいなければならない。韓国人との対話もすべて報告対象となる。晩には一日の日課を反省し、相互批判する「一日総和」(自体評価会)を毎日1、2時間ほど開く。重大な問題がある場合、保衛部要員が暴力や体罰を加えたりもする。応援団の宿舎として北朝鮮船舶の万景峰号を利用するのも、こうした内部事情を隠そうという意図と解釈される。平壌に戻った後にはいわゆる“水抜き”という過酷な教育・尋問が待っている。「南朝鮮で見聞きしたことは口外しない」という誓約にもかかわらず、親や友人に韓国の話をし、取り返しがつかない運命を迎えるケースもある。2002年の釜山アジア競技大会と翌年の大邱ユニバーシアードに来た応援団のうち21人が「南朝鮮は車も多く、我々よりいいものを食べ、いい暮らしをしている」という話をし、咸鏡南道のテフン教化所に収監された事実が、米国務省の北朝鮮人権実態報告書(2009年9月)で明らかになった。

 
先月、板門店(パンムンジョム)協議が決裂した直後、「参加問題を再検討する」と述べた北側関係者らは現在、困惑している。金正恩がアジア競技大会の北朝鮮サッカー選手団の強化試合を観戦するなど参加を既定事実化したためだ。北朝鮮は金大中(キム・デジュン)、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権当時にあった3回の応援団派遣のように、費用は南側が負担しろという意味で「前例通りにしよう」と主張している。韓国政府は応援団の場合、参加国が負担する「国際慣例」を強調している。応援団の滞在費を負担するには、国民の税金である南北協力基金を使わなければならない。基準は明確だ。北朝鮮応援団は誠意がある和解協力の使節か、それとも美人計を前面に出した対南宣伝扇動隊か、国民の判断を求めてみるべきだ。

イ・ヨンジョン記者


【コラム】仁川アジア競技大会に来る北朝鮮美女応援団、なぜ合宿(1)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP