주요 기사 바로가기

アップル、サムスン相手の米国1次特許訴訟控訴取り下げ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.30 08:59
0
アップルがサムスンを相手にした米国1次特許訴訟の控訴を取り下げた。

ドイツ特許専門ブログのフォス・パテンツ (FOSS PATENTS)など海外メディアは28日(現地時間)、アップルが控訴を取り下げるという内容の文書を控訴裁に提出したと報じた。これに先立ち米裁判所で行われたアップルとサムスン電子間の1次特許訴訟で、米裁判所はサムスン電子のスマートフォン「ギャラクシーS」などの特許侵害を認め、サムスンが9億3000万ドル(約9900億ウォン)の賠償金をアップルに支払うよう命じた。

一部ではアップルが1次訴訟の控訴を取り下げたことで、アップルとサムスン電子のスマートフォン関連特許紛争が合意手続きに進むのではないかという見方が出ている。これに先立ち両社は先月も米国国際貿易委員会(ITC)の判定に対する抗告をともに取り下げた。

しかし特許訴訟1審でサムスン側の天文学的な賠償額が決定されただけに、サムスンがすぐに控訴を取り下げることはないという観測が優勢だ。あるIT業界の関係者は「サムスンとアップルは過去2年間ほど、新たに訴訟を起こしていない」とし「両社ともに訴訟による疲労感を見せているだけに、近く合意に至ることも考えられる」と予想した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP