주요 기사 바로가기

<ゴルフ>ホームの米国を脱落させた韓国女子選手(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.28 09:56
0
日本チームには幸運が続いた。2日目、宮里藍(29)-横峯さくら(29)は豪州チームに対し、7ホールを残した状況で6ホール差と敗色が濃厚だった。しかし突然、豪州の選手が信じがたいほど乱れ、引き分けで終わった。豪州の選手が2人ともダブルボギーをたたき、日本がボギーでホールを奪ったりもした。

横峯-宮里は26日、韓国との対戦では後半、イーグル-バーディー-イーグル-バーディー-バーディーをマークし、崔羅蓮(チェ・ナヨン)-金寅敬(キム・インギョン)に逆転勝ちした。フェアウエーから打ったショットがホールに入り、10メートルの下りのパットに成功し、30メートルのチップショットがカップに消え、バンカーショットが直接入った。

一方、現役時代は無名で、妊娠5カ月で事実上引退したスウェーデンのミカエラ・パームリド(34)は、豪州を相手に7ホール差で大勝した。韓国との対戦では一人で7アンダーをマークした。パームリドは「以前までスイングの筋肉だった腹筋が妊娠のため完全に消え、今は一時的に足の筋肉でスイングしている。お腹の中の子どもが感じられるが、競技に集中していて妨げにはならない。これまで成績を出せていなかったが、今回の大会で新しいスタイルと人生を見つけた。出産してからまたLPGAツアーに挑戦したい」と語った。
<ゴルフ>ホームの米国を脱落させた韓国女子選手(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <ゴルフ>ホームの米国を脱落させた韓国女子選手(2)

    2014.07.28 09:56
    뉴스 메뉴 보기
    ミカエラ・パームリド
    TOP