주요 기사 바로가기

【コラム】朴槿恵、強大国だけに依存すれば失敗する(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.16 09:44
0
汚点もある。同じ年に朴正煕は10月維新を宣言し、金日成は中央集権的な国家主席制を導入する憲法改正を断行した。それでも7・4声明の歴史的価値が否定されるわけではない。7・4声明があったからこそ盧泰愚(ノ・テウ)大統領の韓民族共同体の統一案、南北基本合意書、ソ連・中国との修交が可能だった。金大中(キム・デジュン)、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が金正日(キム・ジョンイル)総書記と6・15、10・4南北首脳会談を持ったことも同じだ。6・15共同宣言の母胎は7・4声明だった。

李明博政権に続き、朴槿恵政権の南北関係も大きく後退した。経済力・軍事力が強くなったという点を勘案すれば、批判を受けて当然だ。韓国が南北関係の改善の突破口をつくらないで米国や中国に北核問題の解決を要求するのは難しい。すでに習近平主席も南北関係の改善を注文した。日本の右傾化も、韓国を排除した朝日交渉も、このままでは牽制する方法がない。

この頃、北朝鮮の対話提案には7・4声明と首脳会談という明確なコードが含まれている。6月30日の国防委員会特別提案は「7・4声明の自主・平和・民族大団結の3原則で南北関係の新しい局面を開こう」とした。7月7日の「政府声明」は、金日成主席が死去前日の1994年7月7日、金泳三(キム・ヨンサム)大統領との南北首脳会談を控えて最終署名したという「歴史的文書」についても言及している。韓国が統一準備委をスタートさせようとする頃に、北で首脳会談を取り上げた流れは意味深長だ。

42年前に困難の中で誕生した7・4声明のメッセージは、まだ有効だ。他人に依存せず自ら運命の主人にならなければならないという点だ。そうであれば南北関係を改善しなければならない。それでこそ強大国に堂々とできて、誰も私たちを無視できない。南北関係はリスクではなく機会だという発想の転換が切実だ。いつまで強大国に、私たちの運命を解決してほしいとすがるのだろうか。今までのようにしていれば、北核の解決も統一も失敗する。

イ・ハギョン論説主幹
【コラム】朴槿恵、強大国だけに依存すれば失敗する(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP