주요 기사 바로가기

「正統キムチ味わって、韓国観光も容易に」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.07 10:06
0
習近平・中国国家主席の訪韓は、韓中関係の格上げはもちろん中国人の実生活にも肯定的な影響を及ぼすものとの見方が出ている。

新京報などの中国メディアは6日、両国首脳会談で合意した通りに韓中の自由貿易協定(FTA)が年内に妥結すれば、中国の農産物の韓国輸出が増えて、現在の同一車種で韓国よりも20%以上高い韓国製の自動車の価格の引き下げが予想され、中国人に恩恵がもたらされるということだ。両国の共同声明書の付属書で言及された「キムチ協力」は、中国人が韓国の正統キムチの味を楽しめる機会を提供するものと期待されると中国メディアは伝えた。現在中国で販売されているキムチの大部分は現地生産されたもので、韓国料理と文化の代名詞ともいえる正統キムチの味ではないというのが中国人の考えだ。韓国は2010年から中国キムチ市場を攻略しているが、中国の醗酵食品の輸入基準が厳格なため韓国産のキムチ輸出が難しいのが実情だ。

韓国内の人民元の取引所設置は、両国貿易のコスト削減につながり両国貿易がさらに活性化するものと期待されている。ドルの代わりに元での決済が増えれば、両替コストが節減され両国企業の競争力強化につながるということだ。また現在、済州道(チェジュド)1カ所に限定されている中国人ビザ免除地域がソウルに拡大すれば、中国人の韓国旅行は現在よりも倍以上に増えると予想される。昨年韓国を訪れた中国人は392万人に達した。

このほか中国メディアは習主席訪韓で強化された韓中協力が今後、東アジアの「安定軸」の役割を果たすと見通した。特に北核問題に両国の協力が強化されれば、北朝鮮の武力挑発の抑制効果が大きく北東アジアの安定に核心的な役割を果たすという意味だ。

一方、王毅・中国外相は4日、習主席の訪韓を「親戚の家を訪れ、町内のご近所さんを訪ねるようにして、(韓中両国は)平和発展の協力を図った」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP