주요 기사 바로가기

世界の市場となった中国、韓国ならではの商品を売らねば(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.03 13:13
0
#1.先月末に公開された米国映画『トランスフォーマー4』には中国俳優の李氷氷が主要キャストとして出てくる。映画のあちこちに中国製品が間接広告され、世界で初めての試写会も香港で行った。ハリウッドの計算は当たった。この映画は中国で公開されてから3日で900億ウォン以上を稼いだ。これで終わりではない。トランスフォーマーのおもちゃに関心を見せる中国の14歳以下の児童人口は3億人だ。KOTRA厦門貿易館のキム・ミンジ氏は、「中国は世界おもちゃの75%を生産する最大のおもちゃ生産国だが、近く最大消費国になるだろう」と予想した。だが、中国の10大おもちゃブランドにまだ韓国企業の名前はない。

#2.SKテレコムは4日、中国の正威グループと情報通信技術(ICT)分野での協力に向けた了解覚書(MOU)を結ぶ。今回のMOUは韓国が中国に工場を作る一方的投資ではない。両社が共同で新たな事業機会を探そうというのが骨子だ。正威グループは鉱業からスタートし半導体へと領域を広げるところで、SKテレコムは中国でIT事業を共同で進めるパートナーが必要な状況だ。SK関係者は「中国はいまや単純な生産工場ではなく戦略的なパートナーだ」と話した。

韓国と中国の経済協力の質が変わっている。中国は世界の工場から世界の市場になった。韓国の内需を回復させるためにも中国の資金を引き込むことが急がれる。だが、関係は過去よりもはるかに複雑になった。中国が「G2」になり韓中の通商問題は日本や米国の牽制を受ける多者間問題になる。財界は習近平中国国家主席の訪韓が韓中経済協力の3次方程式を解く契機になることを期待している。
世界の市場となった中国、韓国ならではの商品を売らねば(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP