주요 기사 바로가기

<韓国バスターミナル火災>バルブ開いてガス管溶接…防火シャッター作動せず(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.05.27 08:28
0
警報が早く鳴り、職員が客の避難を誘導し、被害を減らした。5-7階のメガボックスで映画を見ていた観覧客約50人は、職員の案内に従って煙がない屋外の非常階段から抜け出した。職員は観覧客が全員が安全に脱出したことを確認した後、建物から出た。待合室ではバスの運転手が「こっちに来なさい」と言いながら慌てる乗客を導いた。

犠牲者と負傷者がいる病院には、連絡を受けた家族およそ100人が集まった。午後1時に一山病院の救急室に到着した犠牲者キムさん(48、女性)の娘は、病院の関係者が「(院内の)葬儀場に行かなければいけないようだ」と伝えると、その場からしばらく動けなかった。イ支社長の夫人は「1カ月前に昇進したが、よりによってどうしてこのような発令を受けたのか」と言いながら嗚咽した。

帰化中国人の息子が死亡=中国人のキム・タプさん(38)も犠牲になった。親は2000年に韓国に来て帰化したが、キムさんは中国の国籍を維持したまま蔚山(ウルサン)の会社で働いていた。今回、家族に会いに一山に帰って来ていた。母のキム・スアンさん(50)は「息子はこの冬に10年間交際してきた女性と済州で結婚する予定だったが…」とし、言葉を続けることができなかった。キム・タプさんの父は2012年に韓国で交通事故で死亡した。
<韓国バスターミナル火災>バルブ開いてガス管溶接…防火シャッター作動せず(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP