주요 기사 바로가기

<韓国旅客船沈没>専門家「クレーンの引き揚げ、容易ではないだろう」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.23 10:48
0
蔚山大のパク・チモ教授(造船海洋工学)は「1万トンを超える総重量や潮流の流速などを考えると、数隻のクレーン船を同時に投入しなければならない」とし「クレーンに力が過度にかかれば、引き揚げに支障が生じることもある」と述べた。

海軍のある関係者は「潮流が最大6ノット(時速約11キロ)の孟骨(メンゴル)水道で、数隻のクレーン船が力の均衡を保つというのは高次元の数学問題ほど難しい」とし「船体の上部は引き揚げ時の荷重に耐えられるほど丈夫な鉄骨がなく、船体を真っ直ぐにして引き揚げるのも容易でない」と話した。引き揚げが難しい場合に備え、他の代案をあらかじめ多角的に検討すべきだという指摘が出る理由だ。

ある海難救助専門家は「事故の初期に政府の対応に怒った遺族をまた悲しませないためには、緻密な引き揚げの準備が必要だ」と述べた。「天安」引き揚げ当時の事情に詳しいある人物は「水深が浅い近隣の島の方にセウォル号を曵いた後、クレーン作業をするのも一つの方法」と提案した。ある専門家は「引き揚げ失敗に備えて3万トン級のストランドジャック(strand jack=昇降式クレーン)を中国から借りてくるべきだ」と政府側に提案したという。4、5ノットで移動するストランドジャックを動員するためには、今から中国政府と交渉を始める必要があるという指摘だ。

それでも引き揚げが難しい場合、2009年に日本で沈没した7910トンの「ありあけ」のように、船体を切断して引き揚げることも考えられる。この場合、船体切断技術を保有するオランダの企業にあらかじめ接触してこそ時間を短縮できる。
<韓国旅客船沈没>専門家「クレーンの引き揚げ、容易ではないだろう」(1)

【特集】韓国旅客船「セウォル」沈没事故


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP