주요 기사 바로가기

【社説】セウォル号の悲しみを利用しようとする者は誰か(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.23 10:24
0
セウォル号沈没事故1週間後に、京畿道安山市(キョンギド・アンサンシ)のオリンピック記念館に臨時の合同焼香所が用意された。待ちこがれる生存者の便りは聞かれず、時間が流れていくほどに犠牲者が増えて遺体が次から次へと運ばれる光景に、安山は再び深い悲しみに包まれた。多くの犠牲者を出した檀園(ダンウォン)高校がある古桟洞(コジャンドン)一帯、犠牲者の葬儀室が用意された病院、オリンピック記念館や学校周辺には檀園高校の制服を着た生徒たちが三々五々集まっており、憂いに満ちた目をした市民もあちこちさまよっていた。しかし彼らは皆、外部の人を避け、警戒していた。

ある中年女性が話した。「今回、隣の家の息子さんがセウォル号で犠牲になって葬儀室に行ったところ、何だか見知らぬ女性が記者たちを相手に熱弁をふるっていた。それで誰かと尋ねたところ住民たちも知らなかった。あらゆる団体から人々が集まって困惑させている。なぜ悲しむ人々をそのままにしておかないのか」。

実際、今回の事故現場にはニセモノが作り出した混乱が少なくない。これまでセウォル号の臨時保護者対策委員会代表として活動していた人は、保護者ではなく道議員の立候補予定者だったことが明らかになった。不明家族によれば「青瓦台(チョンワデ、大統領府)に抗議訪問をしよう」と言ってあおったのも外部の人だという。放送ニュース番組に出てきて民間ダイバーを詐称しデマをまき散らしたニセモノがいるかと思えば、「1億ウォン(約1000万円)を払えば子供を出してあげる」と言って家族に接近するブローカーまで幅を利かせているという。

安山の悲しみを利用しようとする者は彼らだけではない。事故を政治的に利用しようとする政界の行き過ぎた姿もあちこちで突出している。これまで犠牲者遺族が要求していた合同焼香所は、今日からオリンピック記念館で“臨時”というタイトルをつけて運営される。京畿道・安山市・道教育庁が焼香所の設置場所について合意できずに今まで先延しにされてきたが、それでも臨時で運営に入り、近く道教育庁が主管する野外焼香所を設置する動きを見せている。これら地方自治団体長は党籍が違っていたために異見を狭めることができないのだ。また遺体の解剖検査をめぐって地域内の与野党政界の人々同士で神経戦を繰り返し、それぞれが不誠実で大人げない発言をしている。そうかと思えば檀園高校の生徒たちが用意したロウソクのあかり祈祷会に、各種政界の社会団体が割り込んであらゆるスローガンを叫びながら宣伝を行ったせいで、生徒たちは「外部の人とはロウソクのあかり祈祷会を一緒にしない」として学校内に退避した。

国民皆が安山の悲しみに参加して、多くのボランティアメンバーが現場に出て行って犠牲者と不明者の遺族を心から支えている。実は、こうした善良な隣人が多数だが、彼らは静かだ。一方、状況を複雑にして混乱を引き起こし心を惑わすような妨害者は少数だが、声が大きく彼らが及ぼす害悪は言葉にならないほど大きい。
【社説】セウォル号の悲しみを利用しようとする者は誰か(2)

【特集】韓国旅客船「セウォル」沈没事故


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP