주요 기사 바로가기

<韓国旅客船沈没>不明者家族を傷つける“偽者”たち(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.22 14:44
0
旅客船「セウォル号」救助作業に全国民的な関心が集まる中、専門家や行方不明者、遺族のように振る舞う“偽者”が現れている。

その間、安山壇園(ダンウォン)高の保護者を代表して報道機関のインタビューに応じたり、行事の進行を引き受けてきたソン・ジョングン「セウォル号」臨時保護者対策委員会代表は保護者でないことが明らかになった。ソン代表は、朴槿恵(パク・クネ)大統領が18日に壇園高の保護者を訪問した際にも、保護者代表として朴大統領の隣に立っていた。

この事実が伝えられると、ネットユーザーは「保護者でもない人がいったいなぜ代表をしているのか」と疑問を提起した。特に、ソン代表が6月4日の地方選挙に新政治民主連合所属の安山市第4選挙区に道議員として出馬した前歴が伝えられると、選挙に利用するために出てきたのではないのかという疑惑も増幅した。

21日、中央日報との電話で、ソン代表は「私は保護者ではないが、以前から安山で青少年保護および指導活動をしてきたので、純粋な気持ちで支援しようと思って行ったが、誤解を受けたので道議員候補を辞退した」とし「代表も保護者の依頼があって臨時に引き受けた」と釈明した。しかし事故現場の壇園高の保護者は「その人は誰か、なぜ保護者代表を務めているのか分からない」という反応を見せた。

ソン代表は先日、MBC放送のインタビューでも、「子どもたちは海の中にいるのに何も知らせてくれない」と述べたことが確認され、「保護者のように振る舞った」という非難を受けた。
<韓国旅客船沈没>不明者家族を傷つける“偽者”たち(2檁

【特集】韓国旅客船「セウォル」沈没事故


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <韓国旅客船沈没>不明者家族を傷つける“偽者”たち(1)

    2014.04.22 14:44
    뉴스 메뉴 보기
    ソン・ジョングン保護者代表「(政府が)何も知らせない」(MBCインタビュー) 実は新政治民主連合京畿道議員候補…批判が強まると辞退
    TOP