주요 기사 바로가기

“燃費王”国産・輸入車を分析 欧州車が優勢もハイブリッド1位はトヨタ(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.03.28 15:24
0
#1.26日、日本高級車レクサスのソウル江南展示場。レクサスはこの日、ハイブリッドカーCT200hの新モデル(燃費18.1キロ)を公開した。この車の発売は、韓国輸入車市場を掌握する独ディーゼル車に対する宣戦布告だ。韓国トヨタの吉田明久社長は「韓国市場でディーゼル車を代表する独プレミアムモデルの勢いが続いているが、ハイブリッドを中心にレクサスが成長するだろう」と強調した。ハイブリッドカー、すなわち燃費が良い車がレクサスの主力になるということだ。レクサスは10月から小型SUVのNXハイブリッドも韓国で販売する。

#2.仏シトロエンの車を輸入する韓仏モータースは26日朝、忙しかった。前日公開したディーゼル多目的車(MPV)グランドC4ピカソの公認燃費が一歩遅れて確定したことをディーラーに知らせるためだった。この車の燃費は14.0キロ。7人乗りである点を考えるとかなり良い。この車はすでにドイツと英国で「今年のMPV」賞に選ばれるほど性能の面で名声ある車だ。しかし公認燃費が消費者の関心事に浮上したことで、燃費が良いという事実を知らせるのが至上課題となった。韓仏モータースの関係者は「消費者は他のものはともかく、必ず燃費は確認する」と話した。

燃費が自動車選択の第1基準となっている。小型車だけでなく高級輸入車も燃費を強調している。しかし昨年初めに新しい燃費制度(都心・高速道路走行複合)が導入された後、新旧燃費が入り乱れ、比較が容易ではなかった。1年ほど経過し、新燃費データは1000件を超えた。中央日報は26日、エネルギー管理公団に登録されている国産・輸入車の複合燃費を比較分析した。

◆欧州ディーゼル車が上位

総合成績の上位はやはりディーゼル車だった。ハイブリッド車と電気自動車・軽自動車を除けば、燃費1等級(16キロ以上)にガソリン車は一つもなかった。ディーゼル車がよく売れる理由だ。

小型車部門で最も燃費が良いのはフランス車プジョーの「プジョー208 1.4 e-HDi」(燃費21.1キロ)。この車は昨年導入された複合燃費制度以降、ハイブリッドと軽自動車を含む国内外の全車種で、燃費基準でトップを守っている。2位もフランス車のシトロエン「DS3 1.4 e-HDi」で燃費20.2キロだった。起亜プライド(19キロ)と現代アバンテ(18.5キロ)ディーゼル型もそれぞれ5、11位と善戦した。

小型車を購入する人の大半は「車両の購入・維持費を最小限に抑えたい」という目的で車を選ぶ。価格と燃費の面で他の車を圧倒するのは現代「アクセント1.6ディーゼル」だ。この車の燃費は19.2キロで、小型車3位。価格が1384万ウォンから始まり、2800万ウォン台からのプジョーやシトロエンに比べて半額であるうえ、驚くほどの燃費だ。
“燃費ꒉ”国産・輸入車を分析 欧州車が優勢もハイブリッド1位はトヨタ(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    “燃費王”国産・輸入車を分析 欧州車が優勢もハイブリッド1位はトヨタ(1)

    2014.03.28 15:24
    뉴스 메뉴 보기
    (左から)プジョーの「プジョー208 1.4 e-HDi」、トヨタの「プリウス」、現代の「アクセント1.6ディーゼル」
    TOP