주요 기사 바로가기

「燃費誇張」集団訴訟…現代・起亜車、米国消費者に4200億ウォン補償

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.12.25 09:41
0
燃費誇張論争に包まれた現代(ヒョンデ)・起亜自動車が結局、米国の消費者らに4200億ウォン(約413億円)を支払うことになった。現代・起亜車米国支社は24日、米国内燃費誇張集団訴訟で消費者に最大3億9500万ドル(約4185億ウォン)を支払うことで原告側と合意したと明らかにした。支払い額は現代車が最大2億1000万ドル、起亜車が最大1億8500万ドルだ。

該当消費者は2011~2013年型の現代・起亜車の13車種を購入した現代車消費者約60万人、起亜車の消費者約30万人だ。米国は多くの民事訴訟で集団訴訟制を認めており、原告だけでなく約90万人全員に今回の効力が及ぶ。米国の自動車専門紙「オートモーティブニュース」によれば、現代・起亜車米国支社は現代車消費者が1人あたり平均353ドル、起亜車の消費者が平均667ドルずつ受けとることになると明らかにした。

現代・起亜車は昨年11月、北米での販売車両の燃費が水増しされたという論争に包まれた。米環境保護局(EPA)の勧告により13車種の燃費を1~2MPGずつ低くした。MPGは「1ガロンあたりのマイル」で、1MPGは0.425Km/Lだ。現代・起亜車はまた、即座に顧客にデビッドカードで年間88ドルずつガソリン代を支払うと明らかにした。だが一部の消費者はこれを受け入れなかった。彼らは現地裁判所に合計53件の民事訴訟を起こし、ロサンゼルス連邦裁判所に移管され1つの訴訟として進められた。そして今年2月、現代・起亜車の和解方針が決定され、この日、賠償額の公開とともに最終合意がなされた。米国消費者はこれまでのとおり年間88ドルずつを受けとる案と、367ドルを一括払いで受けとる案のどちらかを選択できることになった。

米国市場において、自動車関連の集団訴訟と巨額賠償はまれなことではない。最近だけでもトヨタが加速ペダルの欠陥で引き起こされた別名「トヨタリコール事態」に関して今年7月、2200万人に16億ドルを賠償することで合意した。この金額は米国自動車賠償史上の最高額だ。ホンダも昨年3月、シビックハイブリッド燃費表示の誇張問題に関して消費者に計1億7000万ドルを賠償することにした。

現代・起亜車が支払うことになった4200億ウォンは現代車の上半期営業利益(4兆2750億ウォン)の10%に達する巨額のお金だ。だが今回の合意が新たな悪材料として作用する可能性は低い。昨年の事態発生直後に素早い先制的な対応をしたためだ。今回の事例は、韓国内の燃費訴訟には特別な影響を及ぼすことはできないものと見られている。米国の場合、現代・起亜車が燃費を最初から間違って測定して問題になったが、国内の訴訟は公認燃費自体ではなく公認燃費と実際の燃費間の差を問題にしたものであるためだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP