주요 기사 바로가기

「プリウス」生産のトヨタ堤工場行ってみると、1500台のロボットが…

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.09.30 11:29
0
プリウス、世界ハイブリッド自動車市場で最強の車だ。1997年に初めて登場し、今年6月に累積販売台数が300万台を超えた。ラテン語で「先駆者」という意味の名前のように、市場をリードしてきたのだ。

そのプリウスを生産するトヨタの堤工場(愛知県豊田市)は規模から違った。1970年に完工したこの工場は、野球場23面規模(敷地114万平方メートル、建坪61万平方メートル)だ。しかし本物は図体ではなく中身にある。

25日に訪問した堤工場では、車体が完成した後、車のドアをまた取り外す。取り外したドアは座席、ダッシュボードなど内装材を入れる段階が終わるまでベルトの上側にぶら下がって移動する。内装材の組み立てが終われば、車のドアがまた組み立てられる。トヨタの関係者は「ドアがないため作業能率が高く、車体が傷つく可能性も減る」と説明した。

作業効率も高い。7万5000平方メートル規模の溶接ラインには人がほとんどいなかった。1500台のロボットが絶えず溶接の火花を散らしているだけだ。このロボットはプリウスの車体の約4000カ所を溶接し、約400の部品を取り付ける。自動化率が97%に達する。

需要に合わせた弾力生産システムも備えている。堤工場は2本のラインで一日1442台の車を生産する。ハイブリッド車の比率は1ラインが81%、2ラインが96%。一つのラインにプリウスやサイオンtCなど他のブランドの車種が入り混じって流れる。混乱しそうだが、必要な時間に正確な量の車種別の部品が供給されるシステムがあり、工程は水が流れるように滑らかだった。トヨタ側は「混流生産を通じて需要に合わせた弾力的な車両生産が可能」と説明した。

こうした生産システムが研究開発とともに作り出したのが今日のプリウスだ。プリウスの公認燃費は日本の基準で38キロ(韓国基準は21キロ)にのぼる。第3世代のプリウスの特許は1261件。来年3月までのトヨタのハイブリッド関連研究開発費は8900億円、設備投資は9100億円。トヨタの小西工己広報担当常務は「97年に登場した時はみんな成功を疑っていたが、絶えず研究開発と生産効率化でハイブリッド時代を開いた」と述べた。

韓国市場でもトヨタはハイブリッド車に大きな期待をかけている。小西常務は「トヨタの韓国市場シェアは1%にすぎないが、うち40%がハイブリッド車という点に注目している」と述べた。

トヨタは2015年末までハイブリッド車18モデルを出す計画だ。プリウスをはじめ、トヨタのハイブリッド車の成長には「エコカーはエコ工場から」というトヨタの生産原則が大きな役割をしている。エコカーを作る会社ではなく、生産自体が環境にやさしい会社を作るという意志だ。

堤工場付近の森にはホタルやカブトムシが生息する。「工場の森」は08年にトヨタの役職員と地域住民の約5000人が5万本の木を植えて作った。日本最大規模の植樹行事だった。トヨタは堤工場から出る一日5000トンの廃水を浄化して放流する。この水で作った工場の前の池にはメダカとコイが泳いでいた。

工場の外壁は光触媒塗料で塗装している。太陽の光を受ければ活性炭素が発生し、窒素酸化物など空気中の有害物質を分解する。雨水が触れれば洗浄効果も生じる。工場の屋根は太陽熱集熱器1600枚で覆われ、1時間あたり2000キロワットの電気を生産する。自動車工場では世界最大級の集熱器だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「プリウス」生産のトヨタ堤工場行ってみると、1500台のロボットが…

    2013.09.30 11:29
    뉴스 메뉴 보기
    日本愛知県豊田市の堤工場で職員がプリウスを組み立てている。ここでは一日1442台が生産される。[写真=トヨタ]
    TOP