주요 기사 바로가기

【コラム】統一の最も大きな障害は意志の欠乏=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.03.17 17:24
0
南北イエメンは双方の合意で統一政府を樹立したが、権力配分をめぐる葛藤が内戦に広がり、統一協定は紙切れとなった。結局、北イエメンの軍隊が南イエメンを占領して吸収統一に帰結したが、南部イエメンではまた分離・独立の動きが起きている。統一意志より権力意志が先立ったからだ。

韓国の憲法は平和的統一を指向する(憲法第4条)。しかし3代世襲という希代の権力意志を抱いた核武装勢力とともに平和統一の道を開いていくというのは、はかない夢にすぎない。南北を分けた休戦ラインは、南北住民の胸に炎のように燃える統一意志で突破できる。国内外8000万人の韓民族が統一の情熱を出す限り、中国であれ、いかなる強大国であれ、韓半島の運命を勝手に操ることはできない。我々の安保と外交力はさらに強化されなければならないが、それよりも重要なのは韓国国民と北朝鮮住民の統一意志だ。

自由より生存が優先だと話していた経済成長論者が北の同胞の飢えよりも奪われた自由に怒り、パンより人権が大切だと叫んでいた民主闘士が北朝鮮住民の踏みにじられた人権には目を閉じて経済支援ばかり要求する矛盾に陥っている。統一意志が確固たるものであるなら、ありえない偽善であり、トリックだ。我々は人権と生存権、その2つの価値で北の同胞の統一意志を引き出さなければならない。

国連の北朝鮮人権調査委員会は、北朝鮮政権の組織的かつ広範囲な反人道的な犯罪を告発しながら、責任者の処罰を要求した。しかし大韓民国国会の北朝鮮人権法案は行方さえ不明だ。若い世代の統一教育は想像もできない。政権闘争と理念葛藤のためだ。南北統一どころか、国内の統一も見通しがつかない。遠大な統一意志は見られず、目の前の権力意志ばかりだ。統一の最も大きな障害物は北核でもなく外勢でもない。ただ統一意志の欠乏だ。

イ・ウグン法務法人チュンジョン代表


【コラム】統一の最も大きな障害は意志の欠乏=韓国(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP