주요 기사 바로가기

トヨタ「プリウス」世界190万台リコール…制御不具合で

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.02.14 08:27
0
世界トップの自動車企業トヨタがまた暗礁に乗り上げた。今度は主力車種「プリウス」ハイブリッドのリコールだ。トヨタは2009年3月から今年2月の間に生産された第3世代プリウス190万台をリコールすると発表した。地域別には日本が99万7000台、北米が71万3000台、欧州が13万台など。韓国でも約7200台が該当する。

リコールの理由は、ハイブリッドシステムを制御するプログラムの不具合で、走行中に車が突然止まるという問題が見つかったため。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)などは今回のリコールを大きく報道し、ハイブリッド車の構造的な限界がトヨタをはじめとする世界自動車メーカーが直面する問題になることもあると分析した。ハイブリッド車の弱点が完全に解消されたわけではないということだ。

トヨタは自他が認めるハイブリッド車のトップ走者。1997年に出したプリウスは、これまで累積販売台数が300万台を超えるほど人気だ。ハイブリッド車はガソリンエンジンと電気モーターを交互に使って燃費を高める。基本的に電子部品が多く使われるしかない。最近はコスト削減のために複雑な電子部品をさらに多く使用し、ハイブリッド車モデル間の部品共有が増えた。しかしこうした傾向が結局、リコールの原因になる欠陥の可能性を高めるジレンマに陥ったということだ。

WSJは「電子部品の複雑性のため、問題の原因を速やかに把握して対処するのが難しい」と指摘し、「2009ー2010年に消費者の不満とリコール要求に消極的に対処し、危機を迎えたことを繰り返さないための先制的措置」と分析した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP