주요 기사 바로가기

「韓国、企業規制があまりにも早く変わる」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.01.16 13:34
0
「韓国政府は規制を持続的に改革し、緩和していくべきだ」。

駐韓米国商工会議所のジェームス・キム新任会長が15日、ソウル小公洞のロッテホテルで開かれた新年記者懇談会で規制緩和を強調した。韓国マイクロソフト(MS)の代表でもあるキム会長は、駐韓米国商工会議所の会長を引き受けた最初の韓国系米国人。

キム会長はこの日、「企業と消費者は、市場の選択に制限がなく最適化した環境を求めて動く」とし「駐韓米国商工会議所は外国人直接投資を阻害したり革新を制限する規則や規制を探し出すのに力になるはずであり、韓国政府との持続的な疎通を希望する」と述べた。

 
外国系企業は韓国に投資しにくいという点も指摘した。キム会長は「ある人は韓国で長期的に事業投資をすることに懸念を表したりもする」と話した。知的財産権に対する保護などがきちんと行われていない点を挙げた。キム会長は「韓国政府がこのような努力をしてきたのは分かるが、こうした問題が解決するば、より多くの企業が研究開発(R&D)分野に投資できるだろう」とし「政策は長時間かけて慎重に樹立し、着実に実行する必要がある」と厳しく忠告をした。

エイミー・ジャクソン駐韓米国商工会議所代表も「すべての外国系企業が韓国では企業経営に影響を及ぼす新しい規定があまりにも早く変わると口をそろえる」とし「6日に開かれた懇談会で朴槿恵(パク・クネ)大統領が新しい政策を導入する際、こうした部分を補完すると約束したことをうれしく思う」と述べた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「韓国、企業規制があまりにも早く変わる」

    2014.01.16 13:34
    뉴스 메뉴 보기
    ジェームス・キム駐韓米国商工会議所新任会長。
    TOP