주요 기사 바로가기

安倍首相の挑発…韓日関係、崖っぷちに立つ(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.12.27 08:31
0
韓日関係が破局に向かって突き進んでいる。日本の安倍晋三首相は政権発足から1年を迎えた26日午前、靖国神社を電撃参拝した。日本の現職首相による靖国神社参拝は2006年8月、当時の小泉純一郎首相以来7年4カ月ぶりだ。

靖国神社は太平洋戦争のA級戦犯の位牌が合祀された所だ。首相の神社参拝は、日本の平和憲法に正面から逆らう意志が込められているというのが外交専門家たちの評価だ。平和憲法は、侵略戦争を反省して戦争を再び起こさないという内容を含んでいる。また、戦争被害国である周辺国を度外視した「眼下無人」格な挑発ともしている。そうでなくても難しい韓日関係が急速に硬直するのはもちろん、中国の反発も侮れず、北東アジア情勢も荒波に飲み込まれる展望だ。政府報道官格の劉震竜(ユ・ジンリョン)文化体育観光部長官は声明を通じて「安倍首相の神社参拝について韓国政府は慨嘆と怒りを禁じえない」と非難した。中国外交部も「歴史の正義と人類の良識に公然と挑戦する行為であり、強力な憤怒を表わす」と糾弾した。

安倍首相の靖国神社参拝は、ジレンマに陥って身動きのとれない韓日関係を象徴的に表している。昨年、李明博(イ・ミョンバク)元大統領の独島(ドクト、日本名・竹島)訪問で悪化が始まった両国関係は、今年初めの朴槿恵(パク・クネ)政権と安倍内閣のスタートを機に新しい局面を迎えるかに見えた。しかし過去の問題をめぐってすき間を狭めることができなかった。朴大統領は就任以降、日本の指導部に対して「積極的な変化と責任ある行動をしなければならない」(3・1節記念演説)、「退行的な発言をして(慰安婦問題に対して)謝罪どころか侮辱し続けている」(9月30日チャック・ヘーゲル米国防長官表敬訪問)として批判の刃を研いできた。11月のブリュッセル歴訪では韓日首脳会談について「何か前向きな姿を見せた時に2人の首脳は会う」と明確に線を引いた。
安倍首相の挑発…韓日関係、崖っぷちに立つ(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP