주요 기사 바로가기

独裁国権力の世襲成功率39%…試される金正恩3年目(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.12.17 08:55
0
ひとまず金正日より金正恩の追従勢力が弱いというのが大半の意見だ。金正日は執権前、万景大学院出身と3大革命小組を中心に親衛勢力を核心部署に育てたが、金正恩は党・軍・内閣などに自分の味方を育てなかった。今後40-50代の新進勢力を中心に世代交代をし、親政体制を作ろうとしている状況と観測されている。こうした理由から国会情報委員長のセヌリ党の徐相箕(ソ・サンギ)議員は13日、「金正恩の権力基盤は金正日に比べて脆弱だ」と述べた

個人的な資質とは金正恩のリーダーシップを意味する。金正恩のリーダーシップの核心は「血統」だ。金正恩は執権初期、「ミッキーマウス」を北朝鮮芸術団の公演に登場させ、米NBAバスケット選手のロッドマンを招待するなど、開放的な指導者のイメージを構築しようとした。しかし3度目の核実験後、国際社会の制裁が強まり、経済改革政策などが揺れると、エリート層と住民の不満が高まった。これを解消するため金日成一家の血統を強調すると同時に、「恐怖政治」を通じてリーダーシップを確保しようとしている。

東国大北朝鮮学科のキム・ヨンヒョン教授は「金正日2周忌の17日を基点に、金正恩のリーダーシップを新たにスタートさせていくだろう」とし「公開処刑など恐怖の雰囲気形成とともに思想教育の強化、忠誠の誓いなどが集中的に展開する可能性が高い」と分析した。

政策能力の場合、30歳にもならない金正恩は無理な変化を推進するよりも、金正日が構築しておいた「核-経済並進路線」をたどる可能性が高い。

キム・グンシク慶南大教授は「北の政策は核-経済並進路線に確定し、経済開発区法の制定など経済改革もすでに進行中」とし「対外政策が突然、保守的に旋回するよりも、現在の方向性を維持するだろう」と述べた。

こうした分析を総合すると、金正恩の世襲は不安定だという評価だ。確実な自己がなくて、血統のほかに前面に出せる資質が不足し、米中と相反する政策的な側面でも不安要素が潜在している。

梨花女子大統一学研究院のイ・スンヨル研究委員は「金正恩は祖父・父とは違い、唯一指導体制を完成できない状態で政権を握った」とし「自分の組織と人、規律を作るまでに、大規模な粛清事態やエリートの急進的な反発などが生じる可能性が高い」と診断した。


独裁国権力の世襲成功率39%…試される金正恩3年目(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP